どのような状況になったら:税理士を雇う必要がありますか

6AB5D181 8174 46A6 8619 97AAA27BBC30

コントロールできないと感じてからで。

事業はマラソン

事業は、マラソンのようなもの。

以前も記事にしたことがあります。

一緒に走りぬく覚悟があるか:税理士は例えるならトレーナー

一番難しいのはやはり、長く走り続けることでしょう。

周囲に気を配りながら、先を見通して、少しづつ変わりながら、走り続ける。

簡単なことではありません。

税理士はトレーナー

事業がマラソンなら、税理士はトレーナーです。

専門知識を使ってアドバイスを送りながら、事業という長い長いマラソンレースを一緒に走り続けます。

ここが勝負どころと背中を押すこともあれば、少し落ち着いてとペースダウンしてもらうこともあるでしょう。

万が一、危険を感じるようなことがあれば、力づくでもレースを止めることだってあるかもしれません。

セルフコントロール

事業はマラソンで、税理士はトレーナー。

そうなると、事業をセルフコントロールできる人に、税理士はいりません。

どのような状況であっても、事業をコントロールできていると感じているのなら、税理士を雇う必要はないと思います。

・所得が◯◯◯万円になったら

・売上が◯◯◯◯万円超えたら

こういったことは、すべての人に当てはまるものではありません。

税理士を雇う必要がある時とは、

・事業がコントロールできない

・レースを続けられないかもしれない

そういった感覚を持った時です。

繰り返しになりますが、セルフコントロールできるなら、税理士はいりません。

自分のレースができるなら、トレーナーが必要ないのと同じです。

まとめ

どのような状況になったら。

税理士を雇う必要がありますか。

私がそう聞かれたら、どのような状況であっても、事業をコントロールできていると感じているなら、税理士はいりませんとお答えします。

所得や売上は、目安にはなりますが、決定打にはなりません。

大事なのはやはり、コントロールできているかどうかという自分自身の感覚です。

迷ったら自分の感覚で。

それで大丈夫です。

 

 

◉編集後記◉

午前中1件、午後2件打ち合わせ。夜は子供たちのスイミングに。夕食はホルモンうどんを作ってみました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ