よく利用するもの・購入するもので:そこにある「違い」を考えてみる

E2C0C206 0ACE 48D1 982E 2A47DCAA4AF3

良いトレーニングに。

テイクアウトコーヒー

近頃のコンビニエンスストアでは、低価格で買えるテイクアウトコーヒーが売られているのが普通になっています。

目立つところにありますし、よく売れてもいるようですよね。

カフェなら300円〜500円はするコーヒー。

「違い」がなければ、選ばれることが難しい時代になりました。

「違い」を考えてみる

コンビニのテイクアウトコーヒーは、いつも同じです。

もちろん、定期的にリニューアルされることはありますが、基本的には同じ。

毎日、24時間、同じものがリザーブされます。

今日は、ガツンとコクのあるものが飲みたい。

体調が悪いので、優しい感じのが飲みたい。

同じコーヒーを飲むという行為ですが、その日の天候や体調、気分によって飲みたいものが違う。

これは、コーヒーにこだわっていてもいなくても、誰もが潜在的にそうなのではないかと思います。

カフェならば、いくつかの種類から選ぶことができることができるでしょう。

同じコーヒーでも、選べるということには「違い」があります。

加えて、

コンビニのテイクアウトコーヒーには、店員さんとのコミュニケーションがありません。

自動販売機じゃないんだから、コンビニの店員でもコミュニケーションがとれるじゃないか!と言われそうです。

でも、いざコンビニの店員さんとコミュニケーションを取ろうと思ったら…。

特にはじめて行くコンビニなら、普通は無理です。

カフェが好きな人なら、はじめて行くお店でも店員さんとコミュニケーションをとるということはあるでしょう。

カフェ好き・コーヒー好きという共通点から、はじめて行くお店でも意外と話しかけやすいものです。

このコミュニケーションのとりやすさには「違い」があります。

まとめ

よく利用するもの・購入するもので。

そこにある「違い」を考えてみる。

便利さや価格の安さだけでいくと、コンビニのテイクアウトコーヒーには圧倒的な利があります。

でも、カフェにはコンビニのテイクアウトコーヒーには真似できない「違い」がありますよね。

色々なところにある「違い」を考えてみることは、スモールビジネスの種を見つける良いトレーニングになります。

 

 

◉編集後記◉

長男が歯列矯正を開始。すぐには慣れないので、違和感でいっぱいのようです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ