同じようでも違う:お金に換算できない価値とお金で交換されない価値

A02E3EC6 60E0 47CA 8E52 E91B7495870F

展開するなら。

お金に換算できる価値

価値を表現するものとして一番わかりやすいもののひとつ。

それが、お金です。

現在(2019.1.7)の岡山県のガソリンの平均価格は、1リットルあたり140円程度。

1リットルあたり10km走る車なら、10kmを140円で移動できます。

移動できる距離に応じて、お金を支払う。

これは、お金に換算できる価値です。

お金に換算できない価値

1リットルあたり140円のガソリンを使って、家族で出かける。

出かけた先で、楽しい時間を過ごせれば、それはお金に換算できない価値です。

・プライスレス

・モノより思い出

というやつですね。

お金に換算できない価値も確かに存在します。

お金で交換されない価値

さらに、お金で交換されない価値というものもあります。

前述したお金に換算できない価値は、その価値に値段を付けられないということ。

過ごした時間や体験に、値段をつけることはできません。

一方で、お金で交換されない価値は、お金に換算できない訳ではありません。

その商品やサービスに、値段をつけることができます。

ただ、お金で交換されない価値ならば、同じような商品・サービスがもっと安い値段で提供されているとしても、替えられることはありません。

換算できるけど、交換されない。

その価値は、同じようでも違います。

スモールビジネスなら特に、意識しておくべき違いでしょう。

まとめ

同じようでも違う。

お金に換算できない価値とお金で交換されない価値。

モノに値段がついている以上、そこにはお金で交換される可能性がいつも含まれています。

単純にお金に換算できる価値だけを提供するのであれば、その金額に対して「安い」「高い」という判断しか出てこないでしょう。

だからと言って、お金に換算できない価値を、常に狙ったとおりに提供できるかというとそういう訳ではありません。

換算できるけど、交換されない。

スモールビジネスを展開するなら、意識しておくべき違いです。

 

 

◉編集後記◉

冬休み最終日。岡山市内にサッカーの試合へ。たどり着くまでの道が良くなってるなあとあらためて。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ