2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その①

スクリーンショット 2019 01 08 11 30 07

2019(平成31)年10月1日からの消費税

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度(8%と10%の複数税率)が導入されることが予定されています。

この消費税率の引き上げと軽減税率制度について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

決まったことなの?

まずはここがあやふやだと、やる気が起きませんよね。

・消費税率が引き上げられるのか、引き上げられないのか。

・軽減税率制度は導入されるのか、されないのか。

これについては、建前から言うと、すでに決まっている話です。

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率は引き上げられ、軽減税率制度は導入される。

これは、該当する法案が可決され、施行されているところに根拠があります。

すでに法案が通ってるんだから、決まっている話だという訳ですね。

ただし、ただしです^^;

何もなければ…ということは、申し添えておかなければいけません。

すでに二度の延期を経験しているこの法案、その時も法案自体は通っていました。

でも、ご存知の通りの「やっぱやーめた」だった訳です。

だからこそ、今回も「やっぱやーめた」があるのでは?と思ってしまいますよね。

ただ、今回違うのは、その可能性、時期がどんどん無くなっていっている状況だということ。

少なくとも、現時点(2019.1.8)でそれを言ってしまったら、大変なことになる状況までは来ています。

10%と軽減は別の話

消費税率が10%に引き上げられる話と軽減税率制度が導入される話は、別の話です。

メディアの報道などでは、

・テイクアウトだったら?

・ケータリングや出張料理なら?

・イートインスペースで食べたら?

・おまけ付きのお菓子なら?

などなど、それが8%になるのか、10%になるのかということが、主に取り上げられています。

でもこれは、税率の引き上げと必ずセットという訳ではありません(現状ではセットです)。

個人的にですが、軽減税率制度は、いずれ無くなる可能性を多分に含んでいると感じています。

そうなると、そのような議論は無駄になるかもしれません。

もちろん、今、そのことを知っておくことは大事なことです。

ただ、税金の目的や本質は、ずらされないようにしたいものです。

まとめ

2019(平成31)年10月1日からの消費税。

諸々の話その①。

消費税率の引き上げと軽減税率について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

思いつくところで書いていますので、読みにくいところがあるかもしれません。

一つの項目をコラム的に読んでいただくと幸いです。

 

 

◉編集後記◉

パートナーの○回目のバースディパーティーを。子供たちがそれぞれに考えたプレゼントを渡していました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ