2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その④

スクリーンショット 2019 01 08 11 30 07

2019(平成31)年10月1日からの消費税

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度(8%と10%の複数税率)が導入されることが予定されています。

この消費税率の引き上げと軽減税率制度について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

やっておかないと困らせること

消費税の計算方法は、原則として

もらった消費税 ー 払った消費税 = 納める消費税

となります。

このうちの「払った消費税」を引くことを認めてもらうには、

・取引の事実を記載した帳簿

・取引の相手方から交付を受けた請求書等

この2つの書類の保存が必要で、これは「請求書等保存方式(せいきゅうしょとうほぞんほうしき)」と呼ばれています。

この方式は、消費税率が引き上げられ、複数税率となる2019(平成31)年10月1日以後も続けられるのですが、その内容に少し変化が見られます。

それが「請求書等保存方式(せいきゅうしょとうほぞんほうしき)」から「区分記載請求書等保存方式(くぶんきさいせいきゅうしょとうほぞんほうしき)」になるという変化。

平たく言うと、

今までのやり方に加えて8%と10%がわかるように保存しといてね

という変化です。

では、これをやっていない(区分記載していない)請求書等をもらったらどうなるのでしょう。

イメージしてみると、

8%と10%の区分がされていない請求書等(レシートなど)をもらう

まずは、それが8%なのか10%なのかで迷う

さらに、書類の保存ができていないことになる

引いてもらえるものも引いてもらえなくなる

そういった事態が起こりえます。

実際には、それについての救済措置(追記・3万円未満)も設けられています。

ただ、これをやっておかないと、意識せずとも相手を困らせる結果になるかもしれません。

これは、消費税を納めている課税事業者、納めていない免税事業者に関係なく当てはまることです。

やっておかないと困らせることは、やっておかなければいけません。

困らせることがあるということは、自分(自社)が困ることがあるということでもありますので。

まとめ

2019(平成31)年10月1日からの消費税。

諸々の話その③。

消費税率の引き上げと軽減税率について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

思いつくところで書いていますので、読みにくいところがあるかもしれません。

一つの項目をコラム的に読んでいただくと幸いです。

 

 

◉編集後記◉

午後からクライアント先で打ち合わせ。日中も温度が上がらず寒い一日でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ