岡山県真庭市内の主要公共施設で使える:Maniwa Free Wi-Fiを使ってみた

スクリーンショット 2019 01 11 14 42 27

そう文句は言えませんが。

Wi-Fi環境

ノマド(最近あまり聞かなくなりましたが^^;)なフリーランスの仕事に必須のWi-Fi(ワイファイ)環境。

都市部では、カフェ、飲食店、コンビニ、駅、大型ショッピングモールなどなど、多くの場所でWi-Fiが使えるようになっています。

ただそれが、地方でということになると、まだまだ行き届いていないのも現状です。

そのため、こういった場所もノマドな選択肢のひとつになってきます。

公共施設

前述したように、都市部でWi-Fi環境を探すとき、カフェや飲食店などの選択肢が数多くあります。

ただそれが、地方ということになると、それほど多くはないのが現状です。

そのため、Wi-Fi環境がある公共施設は、ノマドなフリーランスが仕事をする。

そういった場所の選択肢のひとつになり得ます。

図書館は、その代表的なもの。

今回、Maniwa Free Wi-Fiという無料のWi-Fiが使える公共施設が増えたということで、実際に真庭市内の図書館で使ってみました。

Maniwa Free Wi-Fi

使い方は、使える公共施設に行き、Wi-Fiの環境設定から「Maniwa Free Wi-Fi」というネットワークを選択し、接続します。

その後、ブラウザを起動させるのがポイントです。

ブラウザとは、MicrosoftのInternet ExplorerやEdge、MacのSafari、GoogleのChromeなど、インターネットを閲覧するために必要なアプリ(ソフト)のこと。

このブラウザを起動させてはじめて「インターネットを利用する」手順に進みますので、まずはブラウザを起動させる。

このことは、Maniwa Free Wi-Fiを利用するうえで、憶えておいたほうが良いことかもしれません。

その後は、利用規約に同意し、メールアドレスを入れる手続きがあります。

このメールアドレスの入力が、面倒といえば面倒です。

が、入力しないと使えないので、渋々ですが入力しました(^^)

さあこれで、インターネットが使えるようになりました。

ただここで、またちょっと問題が…。

それが、このManiwa Free Wi-Fiが、1回最大30分しか使えないというところ。

1回30分が一日に8回使えるという仕様になっています。

ですので、ある程度時間が経った後、またつなぎ直しをするというのは、かなり億劫でした。

結局は、いつも通りのデザリングです^^;

まとめ

主要公共施設で使える。

Maniwa Free Wi-Fiを使ってみた。

私が居住する岡山県真庭市内の主要な公共施設で使えるManiwa Free Wi-Fiを使ってみました。

ちょっと面倒なのは、メールアドレスの入力で、かなり億劫なのは、1回最大30分の利用制限です。

最初からそういう前提に立っていないのかもしれませんが、がっつり仕事をするのには、やはり不便かなと。

もちろん、無料で使えますので、そう文句を言ってはいけないのはわかっているのですが。

 

 

◉編集後記◉

サッカーの試合応援に。曇り空と温度の上がらない感じが体に堪えます。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ