2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その⑥

スクリーンショット 2019 01 08 11 30 07

2019(平成31)年10月1日からの消費税

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度(8%と10%の複数税率)が導入されることが予定されています。

この消費税率の引き上げと軽減税率制度について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

登録申請は2年先から

2019(平成31)年10月1日以後予定されている消費税率の引き上げと軽減税率制度の導入。

さらにその4年先、2023(平成35)年10月1日以後に予定されているのが、適格請求書等保存方式(インボイス方式)です。

2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その⑤

適格請求書を発行するためには、所轄税務署長の登録を受けて適格請求書発行事業者になる必要があり、その適格請求書発行事業者の登録は、2年先、2021(平成33)年10月1日から受け付けることとしています。

ざっくりとしたスケジュールはこのような感じになるでしょう。

適格請求書発行事業者の申請

所轄税務署長による登録受付

登録番号等のインターネット公表

公表を受けての適格請求書等の準備

実際の運用

申請まで2年、運用までの準備に2年。

申請を先延ばしにすると、運用までの準備期間が短くなります。

免税事業者に別れを告げる決断の時は、意外に早く来るかもしれません。

まとめ

2019(平成31)年10月1日からの消費税。

諸々の話その⑥。

消費税率の引き上げと軽減税率について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

思いつくところで書いていますので、読みにくいところがあるかもしれません。

一つの項目をコラム的に読んでいただくと幸いです。

 

 

◉編集後記◉

小学校での租税教室の本年度1校目。いくらやっても、いつも上手くいくとは限らないなあと。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ