2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その⑧

スクリーンショット 2019 01 08 11 30 07

2019(平成31)年10月1日からの消費税

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度(8%と10%の複数税率)が導入されることが予定されています。

この消費税率の引き上げと軽減税率制度、さらにはその先にあるインボイス方式の導入について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

同じ8%でも

やや専門家向けの話にはなりますが、現行の8%と軽減税率制度が導入されてからの8%は、同じ8%でも違います。

その違いは、国税(消費税)と地方税(地方消費税)の配分の違い。

具体的には、

現行の8%→消費税率6.3% 地方消費税率1.7%※

軽減税率の8%→消費税率6.24% 地方消費税率1.76%※

になります。

※地方消費税は本来、消費税額から算出するため、相当率になります。

そのため、8%と10%を分けただけでは足りず、

・軽減税率が導入されるまでの8%

・軽減税率が導入されたあとの8%

・10%

というように、税額計算上は、3つに分けなければいけません。

特に導入初年度は、こういった事例が多くなってくるでしょう。

ただ、納税者の立場からすると、同じ8%だからいいじゃんということになるかもしれません。

・こちらからするとお願いしたい

・あちらからすると面倒くさい

そういったギャップが出てくることは、覚悟しておいたほうがよさそうです。

まとめ

2019(平成31)年10月1日からの消費税。

諸々の話その⑧。

消費税率の引き上げと軽減税率、さらにはその先にあるインボイス方式の導入について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

思いつくところで書いていますので、読みにくいところがあるかもしれません。

一つの項目をコラム的に読んでいただくと幸いです。

 

 

◉編集後記◉

午後から打ち合わせへ。毎月面談のクライアントさんですが、毎回色々なことをよく考えられているなと感心します。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ