いずれは自動返信になるかも?:メールはもっとスマートになる

スクリーンショット 2019 01 23 5 37 41

そんな機能が。

Gmail

仕事上の重要なコミュニケーションツールであるメール。

PC上のメールは、Gmailアプリで管理しています。

ちなみに、スマートフォン(iPhone)では「Inbox」というアプリを利用しています。

使うと便利:Inbox by Gmailのスヌーズ機能

スマートリプライ

Gmailアプリの機能のひとつであるスマートリプライ。

スマートリプライとは、受け取ったメールの内容から、返信文の候補を予測列挙し、それを選択することで、返信スピードを上げるという補助機能です。

例えば、受信したメールの文章の中に「○○をお願いします」という文章があれば、それに対する返信文の候補として、

・了解しました

・お疲れさまです

・よろしくおねがいします

などの返信文の候補が予測列挙されることになります。

ただ、的はずれなこともあるため、まだまだ単語登録を使う機会のほうが多いのが現状です。

例に出したものも、2つ目、3つ目の候補は微妙ですし…。

自動返信も?

ただ、先日少し驚いたのが、この記事のタイトル写真にもなっているメッセージ。

全文は、これです。

スクリーンショット 2019 01 22 10 00 41

内容は、

返信文に「添付した」ってワードが入ってるのに、ファイルの添付がないよ?大丈夫?

というもの。

結果的にこのメールに添付ファイルは必要ありませんでしたが、

いずれは自動返信もできるようになるのか?

そんな可能性も感じることができるメッセージです。

まとめ

いずれは自動返信になるかも?

メールはもっとスマートになる。

自動返信。

そんなことも感じさせるメッセージでした。

そうなるとやはり重要になるのが、その中身(提供する価値)です。

相手のことがきちんと見えていることを前提に考えると、現時点では人間のほうがやはり有利だということになるのでしょう。

ただ、それが感じられないと…。

それだけで、スルーの対象になるのかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

歯医者へ。あのチュイんとされる感じは、やはりいつまで経っても慣れません^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ