マックで水がもらえます:その常識は思い込みかもしれません

1AA7CB21-5232-4699-87CC-9E80DC16992Dいつもやっていること。自分が知っていること。それが常識だと思っていること。普段生活しているとあまり意識しませんが、それは常識ではなくて思い込みかもしれません。

マックで水がもらえる

友人とマクドナルドに行った時のこと。
その友人が、注文カウンターで普通に「あと、水ください」と言いました。「えっ。マックで水がもらえるの?」思わずその友人を二度見してしまいましたが、店員さんも「はい」とすぐに対応。
マクドナルドには学生の頃から何年も行っていますが、水をもらえるとは知りませんでした。マクドナルドに行って注文すると「ドリンクはいかがですか?」と聞かれるのが普通ですし、そもそもセットメニューにはドリンクがついています。

常識は思い込みも多い?

普段目にしているものは、常識になっているものばかりです。でも、その常識になっているものは、どこに根拠があるのでしょうか。
常識は、時間の経過によっても変わるということがあります。10年、20年なら当たり前のことのように変わっていますし、現在ではそのサイクルが1年、2年ということだってあります。
最初はその常識に濃い根拠があったとしても、今はそれが薄れているかもしれません。

どちらも必要です

では、常識は思い込みで、常に疑ってかからないといけないか。それは、そうばかりでもありません。生きていくうえでは、常識を使わないと生きにくい場面があるからです。
常識を受け入れる力と常識を疑う力のどちらも必要だと思います。そのバランスがとれていることが大事です。

まとめ

伝票は、科目印を押して手で書かなければいけない。資料は、すべて紙で残して保存おかなければいけない。経理や税務の世界でも、以前は常識だったことが、今では思い込みになっていることがあります。
常識は必要です。常識を使わなければ、話が進まない、生きにくい場面が多々あるからです。ただ、それが思い込みであれば、自分次第で次の道が拓けるかもしれません。

 

◉編集後記◉
昨日は子供たちの社会科見学をかねた遠足。
とても楽しかったようで、晴れてよかったです。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ