2019(平成31)年10月1日からの消費税:諸々の話その⑨

スクリーンショット 2019 01 08 11 30 07

2019(平成31)年10月1日からの消費税

2019(平成31)年10月1日以後、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられ、それと同時に軽減税率制度(8%と10%の複数税率)が導入されることが予定されています。

この消費税率の引き上げと軽減税率制度、さらにはその先にあるインボイス方式の導入について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

Q&Aで事足りる?

2019(平成31)年10月1日以後、現行の8%から10%に引き上げられる予定の消費税率。

それに加えてやっかいだと言われているのが、軽減税率制度(8%と10%の複数税率)の導入です。

そのため、特にこの軽減税率制度(8%と10%の複数税率)については、事前に準備が行われているところです。

その代表的なものが、国税庁ホームページにある消費税の軽減税率制度についてという特集ページ。

・制度の概要

・個別事例

・価格表示

・税額の計算

などなど、消費税の軽減税率制度のことについては、ここに大抵のことが示されています。

ただそうなると、納税者としては、

Q&Aで事足りるのか?

ということになるでしょう。

今のところの私の結論は「事足りる」です。

今回の軽減税率(8%と10%の複数税率)については、専門家である税理士も、実際には経験したことがありません。

そのため、手探りな部分があることもまた事実。

もちろん、レアなケースというのは今後、出てくること必至です。

ただ、そういったレアなケース、運用上の疑問点というのは、運用してからでないと出てきません。

だから今のところは、Q&Aを読み込んでおく。

それで十分です。

現時点では、税理士の判断もQ&Aから得られるものも、そう変わらないはずです。

まとめ

2019(平成31)年10月1日からの消費税。

諸々の話その⑨。

消費税率の引き上げと軽減税率、さらにはその先にあるインボイス方式の導入について、諸々の話を何回かに分けてしてみています。

思いつくところで書いていますので、読みにくいところがあるかもしれません。

一つの項目をコラム的に読んでいただくと幸いです。

 

 

◉編集後記◉

e-Taxで申告。医療費控除を。集計フォームからの作成、スムーズです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ