確定申告会場での受付:2018(平成30)年分は2017(平成29)年分より休日(土日)が少ない

89A1A3E3 76B8 4E8E 92B5 FF8557CB58F5

油断なりません。

確定申告書の提出方法

毎年のことながら、所得税の確定申告時期(申告期限は2019(平成31)年3月15日(金))になっています。

所得税の確定申告書の提出方法には、

・e-Tax

・郵送提出

・時間外収受箱(ポスト)への投函

・申告会場での受付

などの選択肢がありますが、未だ根強く人気なのが、申告会場での受付です。

申告会場での受付

申告会場での受付は、文字通り、各税務署※に開設されている確定申告会場で、申告書を受付してもらう提出方法です。

※地域によっては税務署だけでなく、ショッピングモールなどの公共施設でも開設しています。

実際には、会場にあるPCを使ってe-Taxをすることになる場合が多いのですが、会場には税務署の係の方がいることもあり、行って教えてもらいながら申告したいという納税者の方にとっては、安心で確実な方法だと言えるかもしれません。

混雑している場合は、待ち時間が長くなってしまうというのはありますが。

2017(平成29)年分より休日(土日)が少ない

この申告会場での受付。

2018(平成30)年分(2019(平成31)年3月15日(金)申告期限)は、2017(平成29)年分(2018(平成30)年3月15日(木)申告期限)よりも、開設期間中の休日(土日)が少なくなっています。

具体的には、

2017(平成29)年分は、

・開設期間 2/16(金)〜3/15(木)

・休日(土日)2/17、2/18、2/24、2/25、3/3、3/4、3/10、3/11の8日間

でしたが、

2018(平成30)年分は、

・開設期間 2/18(月)〜3/15(金)

・休日(土日)2/23、2/24、3/2、3/3、3/9、3/10の6日間

になっています。

これは、何かしら意図があるという訳ではなく、単純にカレンダーの並びによるもの。

特に、休日に作業をして、その後の期間で税務署に行こうと思われている方は、昨年(2018(平成30)年)よりもそのチャンスが少なくなっています。

期限まではまだあるからと、油断しないようにしなければいけません。

まとめ

確定申告会場での受付。

2018(平成30)年分は2017(平成29)年分より休日(土日)が少ない。

具体的には、昨年(2018(平成30)年)は8日間あった休日(土日)が、今年(2019(平成31)年)は6日間になっています。

休日に作業→その後の期間で税務署に行こうと考えられている方は、そのチャンスが少なくなっていますので、注意しておきましょう。

 

 

◉編集後記◉

私の誕生日パーティーを開催してくれました。いくつになっても嬉しいものです(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ