こだわった事業をするために:小商いに必要な3つのSとは

C62EBC88-4892-4D9C-8D21-259892496C86小商い・小規模・零細・ひとりでこだわった事業をされている方が大好きです。私が考えるこれらの事業には、3つのS(スモール・シンプル・サステナブル)の考え方が必要だと思っています。

Small(スモール)

小規模であること。

事業が、今どんな動きをしているのか、今後どのような動きをしていくのか、事業者自身で把握可能、予測可能な範囲のものでなければいけません。

身の丈にあったとも言われますが、好き放題やっているように「見えるだけ」というのが理想です。

Simple (シンプル)

簡素、単純であること。

やっていることがわかりやすく、伝わりやすいということ。

その事業内容もさることながら、事業に対する考え方もシンプルであるのがいいと思っています。

「現代の社会に適したサービス・商品を提供し、事業を発展させることによって、地域に貢献し、社会を活性化する」よりも、「お客様を笑顔にする」これだけで十分です。

Sustainable(サステナブル)

持続可能であること。

事業だけでなく、事業者の生活・営み自体が持続可能であることが重要です。

事業継続を表現する言葉としては、継続企業の前提Goingconcern(ゴーイングコンサーン)というものがあります。

Sustainable(サステナブル)は通常、地球環境の保全のための産業・開発などを表現するときに使われるものです。

私は、事業継続の考え方としてこちらのほうが合っているのではないかと思い、この言葉を使っています。

 

 

◉編集後記◉

自宅と事務所を設計していただいた建築家の方に会いに岡山市へ。

円山ステッチは、街と自然と営みと愛情が融合した素敵な場所。

とてもお忙しいのに時間をとっていただいてお話をさせてもらい、すごくいいヒントをたくさんいただきました。

 

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ