良くて2割:キーワードだけでも拾って帰る

スクリーンショット 2019 02 10 16 44 15

そんなときは。

講演会

ぜひ聞いてみたいという講演会なら別ですが、お付き合いで講演会に参加する。

仕事をしていれば、そういった場面も出てくることがあるでしょう。

ただ、せっかく自分の大切な時間を使って参加するなら、できれば意味がある参加にしたいもの。

もちろん、どんな講演会であっても講師の方はそのための準備をしている訳ですので、意味のない講演なんてありませんが。

キーワードをひろう

せっかくなんでちゃんと聞こう。

そう思いながら参加した講演会。

ただ、内容を全部吸収することは、それ自体もともとの無理があります。

それが積極的ではない状況ならなおさらです。

そんなときは、キーワードだけでも拾って帰る意識を持つと楽かもしれません。

拾うキーワードは、1つか2つで十分です。

それだけでも、その講演会に参加した意味は十分にあります。

良くて2割

私が講師をさせてもらうセミナーで、最初にお伝えさせてもらうことがあります。

それが、今日の話で役に立つのは「良くて2割」だということ。

もちろんこれは、手を抜いたセミナーですよと言っている訳ではありません。

このようにお伝えすることで、リラックスしてセミナーに臨んでいただければと考えています。

当然、講師としては常に10割を目指していますので。

まとめ

良くて2割。

キーワードだけでも拾って帰る。

どんなことでも「きちんと聞こう」「全部吸収するぞ」と思っていたら疲れてしまいます。

キーワードだけでも…

良くて2割だし…

そんな意識を持ってみると、もっと楽に参加できるかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

サッカーの練習試合へ。三連休は三連戦です。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ