返信メールは:早ければ早いほどいいのか

スクリーンショット 2019 02 12 5 50 51

その前提も。

返信メール

返信メールは、早ければ早いほどいいのか。

これについては長年、悩んでいるところがありました。

早いことは、プレッシャーになることもあるからです。

だからある程度は、時間を置いて返すほうが良いのかな…とも。

ただその前に、この問題については、この2つの違いを整理しておかなければいけません。

チャットとメール

LINEやFacebookのMessengerなどに代表されるチャットツール。

こういったものはすでに、スマートフォンとイコールになっているところがあります。

実際に使いはじめると、もうそれらが無い頃には戻れません。

このチャットは、早ければ早いほどいいというのが一般的な意見でしょう。

その早さや軽さが、チャットの持ち味だからです。

これに対してインターネット創成期からあるメールは、チャットに比べて重たい印象があるツールです。

簡潔に伝わるように内容を考え、場合によっては資料などを用意して、何度か見直しをしてから送信する。

その分、手間も時間もかかるので、面倒といえば面倒です。

ただ、その重みが仕事には必要だと考え、仕事でのやりとりはメールをメインで使っています。

早ければ早いほどいい

では、本題の返信メールは早ければ早いほどいいのかなのですが、今のところの私の結論は「早ければ早いほどいい」です。

メールを送っていただいた以上は、早く返してほしいという思いが強いはず。

その思いに答えたいというのが一番の理由です。

ただ、前述したように早さを取ることによって、重みがなくなってしまっては、メールでやり取りする意味は無くなってしまいます。

重みと早さのバランスが取れた時点で送信する。

その時間を取り続けることができる限り、メールは早く返信し続けます。

もちろん、その「早さ」を相手に強制することはありません。

どなたにも合う・合わないはありますので、自分のペースで送っていただいたら大丈夫だということは前提に考えています。

まとめ

返信メールは。

早ければ早いほどいいのか。

メールは、書くこと自体にハードルがあります。

それを早く返されると、プレッシャーに感じることがあるのかもしれません。

ただどちらを取るのかという話になると、早ければ早いほうがいいという結論に、今のところはなっています。

もちろん、それを相手に強制することはありません。

自分のペースで送っていただいたら大丈夫だと、その前提もきちんとお伝えしておかなければいけませんね。

 

 

◉編集後記◉

サッカーの試合が荒天で中止になったため、男子チームで温泉へ。雪山を眺めながらひと息。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ