今の暮らしを楽しむことが:老後への第一歩かもしれません

70F71E0B BD95 4AD6 B94D D95CB449417D

そのものを。

人生100年時代

長寿大国、日本。

日本に限らず人の寿命はどんどん長くなり、人生は100年時代に突入すると言われています。

なるべく現役でいる時間を長く取り、老後を短くするというのが現在のトレンド。

そのために、気力・体力・仕事力の準備をしておかなければいけません。

ただそれでも、例え70歳まで現役でいられたとしても、こういった問題は残ってきます。

残り30年をどうするか

70歳まで現役でいる。

ただそれでも、人生が100年だとすれば、残された時間はあと30年あります。

この残り30年をどうするか。

その問題が消えて無くなることはありません。

あらためて、こういったことが大切だなと考えています。

暮らしを楽しむ

残り30年をどうするかという問題については、仕事を続けていくことはもちろん、暮らしを楽しむ工夫をしておくことが欠かせません。

単純に、日々の生活、暮らしを楽しむ工夫です。

今より若い頃はこれでも、人より贅沢したいとか、人と違った暮らしがしたいとか、そんな人並みの希望を持っていました。

ただ、今はそれを望んではいません。

今の暮らしそのものを楽しめるマインドを、ずっと持ち続けることが今の希望です。

まとめ

今の暮らしを楽しむことが。

老後への第一歩かもしれません。

人生100年時代。

そんな先の見えない将来に、不安を抱く者のひとりです。

フリーな立場ではありますが、人に羨ましがられるほど自由を手に入れている訳ではありません。

大事なのは、今の暮らしを楽しむこと。

それが、その先にある老後にもつながります。

ただ、あまりに考えすぎるとしんどくなるので、実際には、そんなに長くないよな〜とも思ってはいますが(^^)

 

 

◉編集後記◉

午前中所用を済ませ、午後から打ち合わせ。長い時間ではありましたが一区切りつきました。早めに取り組んでいただいてありがたいです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ