勝ちでも負けでもなく:引き分け続けるという選択肢

3F3BD7C5 E341 4FDF 9889 2BADE8C9E7E0

引き分けも悪くない。

税金に勝つ

「税金に勝つ」とはどういう状況でしょう。

税金に勝つ=税金を払わないということであれば、儲ける以上に損をすれば、税金に勝つことができます。

儲けなければ、税金は払わなくてもいい。

もともとの仕組みが、そのようになっています。

ただ、それでは事業を続けていくことはできません。

税金に負ける

では逆に「税金に負ける」とはどういう状況でしょう。

税金に負ける=税金を払うということであれば、税金を支払っただけで、負けることになります。

何の対策もなく、言われたまま、出たままの税金を支払う。

それはそれで、支払うことができるのならば、特に問題はないのかもしれません。

ただ、事業を続けていくためには、こちらもあまりよい状態とはいえません。

引き分け続ける

勝ちでも負けでもなく、引き分け続けるという選択肢もあります。

税金とはむしろ、そちらのほうが上手くやっていけます。

・税金がどのくらい必要になるか前もって知る

・税金の支払も含めた計画的な資金繰りをする

この2つの対策をとるだけで、税金とは引き分け続けることができます。

税金とむかい合って対決するのではなく、上手く付き合っていく。

そうすれば、事業も長く続けていくことが可能です。

まとめ

勝ちでも負けでもなく。

引き分け続けるという選択肢。

税金に勝ちたい(払いたくない)。

税金に負けたくない(同じく払いたくない)。

その気持ちは、誰しもが持っているものです。

でも、事業を長く続けていくために、税金とは引き分け続けていく。

その覚悟を決める必要があります。

そのためには、日々の経理とお金の管理を欠かすことができません。

それが意識せずともできる仕組みづくりを提供すること。

私が提供できる価値のひとつです。

 

 

◉編集後記◉

どうやら風邪を引いてしまった様子。手洗いうがいをしていれば風邪は引かん!と言っていただけに説得力が^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ