価値の違いを意識する:お金に換算できる価値とできない価値

56F65D4D 3C7B 4E2A B880 D63129ACD7D6

簡単ではありませんが。

価値を表現

価値を表現するものとして、一番わかりやすいもの。

それは、お金です。

ただ、だからこそ、お金に換算できる価値とできない価値。

この2つの価値の違いを意識しておかなければいけません。

お金に換算できる価値

現状(2019年3月)で、岡山県のある中国地方のガソリン(レギュラー)価格は、1リットルあたり140円程度。

このガソリンを使えば、1リットルあたり10km走る車で50km先の目的地に出かける場合、往復で1,400円のガソリンを使えば目的地に行って帰ることができます。

これがお金に換算できる価値です。

お金に換算できない価値

1リットルあたり140円程度のガソリンを使って、どこかに出かける。

出かけた先では、かけがえのない時間を過ごし、いままでにない体験ができるかもしれません。

プライスレス、モノより思い出というやつですね。

これはお金に換算できない価値です。

提供できる価値

私が提供できる価値には、値段がついています。

値段がついている以上「お金に換算できる価値」になるでしょう。

ただ、単純に「お金に換算できる価値」だけを提供するのであれば、その金額に対して「安い」「高い」という判断しか出てきません。

そこに「お金に換算できない価値」をどのくらい取り入れていくか。

たとえ、そこに作業という要素が入り込んでいるとしても、これはずっと取り組んでいかなければいけないテーマだと考えています。

まとめ

価値の違いを意識する。

お金に換算できる価値とできない価値。

ずっと取り組んでいくべきだと考えているテーマ。

それが、この2つの価値の感じていただき方の違いです。

もちろんそれは、簡単なことではありませんが。

 

 

◉編集後記◉

サッカー練習に参加。足の痛みが^^;マラソンで痛くなったほうとは逆足。どうしたものか。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ