よく気が付くのではなく:しつこく確認しているだけ

3E2B650D 989E 4608 ADB4 3051A157D6A8

それが私の。

よく気が付きますね

よく気が付きますね。

これは、私が数字を見ているときによくお声がけいただく言葉です。

そんなスピードで気が付くんですか!

とか、

自分でやってても気がつかないのに…

とか(^^)

驚かれたりすることもありますが、実はそう難しいことをやっている訳ではありません。

しつこく確認しているだけ

よく気が付くというのは、それだけ

・勘が鋭い

・頭の回転が速い

といったようなことを、イメージしていただいているのかもしれません。

ただこれは、決してそういうことではない。

それだけは断言できます(もちろん、私の場合です)。

タネを明かすと、かなり地味。

当たり前のことを当たり前のように、繰り返し、しつこく確認しているだけです。

プロっぽいことを言うと

ただ、少しだけプロっぽいことを言うと、

・間違えるポイント

・勘違いするポイント

・合わせ方のポイント

こういったポイントは、どんな数字においても少なからずあります。

それらが経験値として蓄積されているという点では、よく気が付きやすい素養があるといえるのかもしれません。

まとめ

よく気が付くのではなく。

しつこく確認しているだけ。

そう考えると、プロの仕事はイコール、

誰でもできることを当たり前に繰り返ししつこく確認できているかどうか

ということになるのかもしれません。

これは、私の生命線でもあります。

それができなくなったら、お金をもらうことはできません。

 

 

◉編集後記◉

直し直し使っていた洗濯干しラックが崩壊。10年ぐらい使ってますので、まあ壊れますわな。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ