制度を利用できたことと:お金を稼ぐ力があることとは違う

4ED55B3B 54E5 4B03 8C29 1718910A896C

ずっとは。

補助金や助成金

・創業補助金

・ものづくり補助金

・IT導入補助金

・消費税軽減税率対策補助金

・小規模事業者持続化補助金

世の中には実に多くの補助金・助成金の制度が設けられています。

こういった補助金や助成金。

個人的には、大いに利用・活用すべきだと考えています。

こういった勘違いも

大いに利用・活用すべき補助金や助成金。

ただ一方で、こういった勘違いがあることも見逃せません。

それが、

制度を利用できたこと

お金を稼ぐ力があること

この2つを混同してしまうという勘違いです。

当たり前の話ですが、この2つのお金は、分けて考えておく必要があります。

走るのは自分自身

前述したように、走り出す背中を押してくれるツールとして、補助金や助成金は大いに利用・活用するべきです。

また、補助金や助成金の制度を利用すると、いやおうにも自分自身の事業を見つめ直す機会を持つことができます。

・どういった目的で事業をはじめたのか(もしくははじめるのか)

・やろうとしている事業計画は実現可能性の高いものか

・どのくらいの売上規模、売上増を見込んでいるのか

・借入も含めた資金繰りはできているのか

そういったことを考える時間を持てることも、実は補助金や助成金を活用する魅力ではないかと考えています。

客観的に評価をされるという点も大きいですね。

ただ、やはり走るのは自分自身です。

繰り返しになりますが、制度を利用できたこととお金を稼ぐ力があること。

この2つを混同してしまってはいけません。

まとめ

制度を利用できたことと。

お金を稼ぐ力があることとは違う。

補助金や助成金は、あくまでも事業を続けていくためのツールのひとつ。

走り出す背中を押してくれますが、ずっとは押し続けてくれないことも、よく理解したうえで取り組まなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

サッカーの試合応援に。今年度はこれですべての日程が終了しました。お疲れ様。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ