Inbox by Gmail:いまさらだけどよかったところ

スクリーンショット 2019 04 04 22 33 01

サポート終了

Googleのメールクライアントサービス「Inbox by Gmail」のサポートが、2019/04/02(火)をもって終了になっています。

Gmailとはまた違ったサービス提供の場として立ち上げられた「Inbox by Gmail」

今後は、Gmailに統合されるかたちが取られました。

私の場合、

・スマートフォンでは「Inbox by Gmail」

・PCでは「Gmail」

と併用した運用の仕方をしていたため、ちょっとだけ困ったなと^^;

いまさらだけどよかったところ

「Inbox by Gmail」と「Gmail」

なぜこの2つを併用して運用していたかというと、「Inbox by Gmail」のラベルごとに設定できる通知がよく、気に入って使っていたからです。

メールの運用は、基本的に

スマートフォンで内容を確認

PCで返信や送信、整理

というやり方をとっています。

そのため、私にとって「どのメールの内容を確認するのか?」というのは、効率をあげるための最も重要なポイントです。

「Inbox by Gmail」の場合、それがラベルごとに設定できるため、すぐに確認する必要のないメールの通知を設定しやすく、スマートフォンでの確認に向いているところが気に入っていました。

今後はGmailで

「Inbox by Gmail」の機能は、Gmailに一部移行されたものもあります。

スヌーズ機能(メール版リマインダ機能)やスマートリプライ(内容に応じて返信を提案してくれる機能)は、あって嬉しい機能ですね。

ただ、前述したラベルごとに設定できる通知の機能は、今のところありません。

Gmailでは、「メールの自動振り分け設定」という機能を使い、同じような状況を作る必要があります。

各メールのメニューから「メールの自動振り分け設定」を選択、

スクリーンショット 2019 04 04 14 09 54

届いたメールが受信トレイをスキップして、すべてのメールへ入る(アーカイブする)ように設定し、

スクリーンショット 2019 04 04 14 10 59

さらにラベル(ここではInfomationというラベルをつけています)をつけて、Gmailの設定>ラベルから、ラベルの表示設定を「未読の場合は表示」にしておくと、

スクリーンショット 2019 04 04 14 29 13

これで、受信トレイには残らないため、通知は来ませんが、未読のものは後からまとめて見ることができる状況を作ることができました。

スクリーンショット 2019 04 04 14 21 08

いちいち設定するのが面倒なのですが、ある程度やっていけば落ち着く(はずです)。

まとめ

Inbox by Gmail。

いまさらだけどよかったところ。

「Inbox by Gmail」へのレクイエム。

できればもうちょっと使いたかったなと。

ただ、どうやっても、大きな力には勝てません。

こういった仕様変更は、自分が使いやすいように工夫する。

そういった対応力が磨かれる良い機会だとも言えますね。

あらためて面白いなと。

 

 

◉編集後記◉

広島市内へ出張。コーヒースタンドにいる外国人の方が格好いい。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ