キャリアって何ですか:相手の知っている言葉で表現する

B3CA93AA 9739 4DB1 879F B7128F91F51E

練習も必要です。

キャリアって何ですか

以前ご相談を受けていた時に出た会話の中で、

キャリアって何ですか?

というご質問がありました。

携帯電話の電波状況が悪いといった話の流れから出たワードです。

そういった会話の中で出てくる「キャリア」は通常、NTTドコモやau、Softbankなどの携帯電話会社を指していいます。

ただそれを、AppleやSAMSUNG、Sonyなどの携帯電話メーカーだと認識されていたらしく…。

そりゃ、話が噛み合いませんよねって感じです(^^)

相手の知っている言葉

相手の知っている言葉で表現するというのは、当たり前の話なのですが、意外と忘れがちな視点です。

ただ、相手の知っている言葉というのは、

・年代

・興味

・環境

によって様々で、そのギャップは必ず起こってくるものだとも言えます。

40代のおじさんが知っていることと、高校生が知っていることが同じであること自体、不自然ですからね。

ただ、それをあきらめて受け入れるだけではずっと噛み合わないまま…。

こういったことが必要だと考えています。

表現にも練習が必要

相手の知っている言葉で表現する。

と言っても、知っている言葉や認識のギャップはどうしても起こってくるものです。

そのために必要なのが表現の練習です。

その言葉を知る・知らないにかかわらず、それを別の形で表現することはできるはず。

わかるかな、伝わるかなと疑問を持ちながら表現し続けることが必要です。

その練習場所のひとつが、このブログ。

表現すること自体を練習する。

その道程はまだまだ遠く、地道な努力にはなりますが。

まとめ

キャリアって何ですか。

相手の知っている言葉で表現する。

人の置かれている環境は様々で、それによってどうしても起こってくる言葉や認識のギャップ。

これわかるかなと疑問を持ちながら表現すること。

ブログは、そんな表現の練習場所にもなっています。

 

 

◉編集後記◉

しまなみ海道を自転車で。天気が良く、何度走っても気持ちがいいです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ