個人の確定申告:マンガを売ったら申告したほうがいい場合もある

456915EA-812A-44DA-A816-D1B3C587DC71

流通が発展してきたこともあって、インターネット等で気軽に自分のものを売ることができる時代になりました。マンガを売って5万円になった!ということも珍しくありません。税金の申告は必要なのでしょうか。

ものを売ったらかかる税金

個人で読み終わったマンガを売った場合、所得の種類は「譲渡所得」になります。所得の種類は10種類あるのですが、長くなるのでこちらの話は置いておいて…

「譲渡所得」を平たくいうと、「持ってるものを売ってもうかった分」になります。

じゃあ、税金がかかるの?という話なのですが、このような規定があります。

税金はかかりません

「譲渡所得」であっても、「家具、じゅう器、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得」に所得税は課税されません

一般に、マンガやCD、DVDなどは、この「生活に通常必要な動産」の中に入ります。

ただし、たまたま持っていたサイン本に超プレミアがついていて50万円で売れた!という場合は、「特定のもの」になりますので税金がかかります。ただ、レアケースにはなるでしょう。

でも、ちょっと考えてみてください。マンガを売ってもうけって出ますか?

もうけというのは、(売った時の金額)ー(買った時の金額+売った時の手数料)=もうけ です。

と、いうことは通常マンガを売ってもうけって出ていません。逆に、損が出てることがほとんどではないでしょうか。

なーんだ。もうけが出てないんだから、もともと税金なんてかからないじゃん。ということになるのですが、税金はかからなくても、申告しておいたほうがいい場合というのがあるんです。

こんな場合は申告したほうがいい

書評やマンガを題材にプレスを作ることを生業にしている方は、買ったマンガを事業の経費にしていませんか。

買ったマンガをそのまま廃棄したら経費だけ計上できます。

でも、それを売ってお金に変えていたらどうでしょう。そのお金は?あれ?ということになります。

その場合、そのお金については申告しておいたほうが無難です。

まとめ

個人でマンガを売っても税金はかかりません。ただ、事業の経費にしたマンガを売った場合、経費にだけ計上しておくと、後から指摘される可能性大です。買った時にはしっかり経費にしてるけど、売った時は意外と…なことがあるかもしれません。もし、心当たりがある方は気をつけてみてください。

 

◉編集後記◉

久々に岡山市表町界隈に買い物に行きました。
行くと何かしら学生時代のことを思い出して、懐かしくなります。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ