キャッシュバックにする:メリット・デメリットを考える

13048FCE F58A 4428 BF95 38E48D9CAC5A

キャッシュバックとは

キャッシュバックは、販促方法のひとつ。

「この商品を購入されたら◯◯◯円現金でお返しします」というアレですね。

購入したらお金が返ってきますので、買う側としては嬉しい限りです。

でも、このキャッシュバック。

「じゃあ、最初から値引きしてくれたらいいのに…」と思いませんか?

・10,000円の商品を売って、3,000円のキャッシュバックをする。

・10,000円の商品を3,000円値引きして売る。

どちらも10,000−3,000=7,000円になりますので、販売する側の利益(もうけ)は同じです。

キャッシュバックのメリット

販売する側からみて、キャッシュバックには次の5つのメリットがあります。

①価格の維持

購入する側(消費者)は、値引きが普通になってくると、値引きを前提に価格を考えるようになってしまいます。

それをキャッシュバックにすることで、値引き後の価格=その商品の価格になってしまうのを防止し、形式的には価格を維持することができます。

②適正価格の表示

同じく、値引きが普通になってくると、その商品本来の価格=適正価格がいくらなのかがわからなくなってきます。

こちらも形式的にではありますが、キャッシュバックにすることによって、その商品本来の価格、適正価格を示しておくことができます。

③入金がある

キャッシュバックは、後日、振込などで返金するという方法が取られていることが多いです。

そのため、とりあえずのキャッシュは、その商品そのものの金額で入金される。

値引きよりも、一旦は多くのキャッシュを集めることができるということです。

④情報の収集

キャッシュバックを後日返金するとなると、購入する側(消費者)にある程度の個人情報を提供してもらう必要があります。

また、キャッシュバックに合わせて、簡単なアンケートを取ることなども可能です。

⑤しなくてもいい可能性

キャッシュバックにすると、返金しなくてもいい可能性が出てきます。

後日振込などと言われると、面倒になって手続きしないという方が一定数はいらっしゃるのではないでしょうか。

値引きならすべての商品になりますが、キャッシュバックは手続き分だけ、返金すればいいことになります。

キャッシュバックのデメリット

逆に、デメリットとしてあげられるのが次の3つです。

①即効性に欠ける

値引きにある安いから買うという動機づけ。

この即効性は弱まるかもしれません。

キャッシュバックの場合、キャッシュバックされるのか→じゃあ得だな→買うという思考になるからです。

②管理が手間

キャッシュバックは、その場で値引きして、終わりではありません。

売った後、返金し、それを完了するまでの管理が必要です。

きちんと管理するためには、ある程度のシステムも必要になるでしょう。

③手持ちのキャッシュが必要

一旦入金されたお金(売上金)が、運転資金など別の用途に使われてしまった場合は、大変です。

キャッシュバックのために、資金繰りに奔走する。

そういった事態も起こりかねません。

まとめ

キャッシュバックにする。

メリット・デメリットを考える。

キャッシュバックにある5つのメリット。

ただ、そのメリットを受けるためには、きちんとした管理が必須になります。

システム作りができていなければ、購入する側(消費者)に不満が残るだけでしょう。

いずれにしても、「お客様が感じる価値を最大化する」という目的をもって、どうするかを選択しなければいけません。

 

 

◉編集後記◉

いい天気!だったのですが、なんだかモヤモヤ。どうやら黄砂?が飛んできているようですね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ