決算整理や決算修正は:好みで使い分ければいい

A556A7B3 1224 49C5 A863 50113D6BC0F5

間違っても。

決算整理や決算修正

経理に関わったことがある人なら、一度は耳にしたことがあるかもしれない決算整理や決算修正というワード。

データ入力(帳簿入力)をする前段階で、仕訳を作成する時などに使われる用語です。

決算整理仕訳や決算修正仕訳といった具合ですね。

では、その2つの違いはというと…。

その2つの違いは

決算整理と決算修正。

一般的には、

【決算整理】

会社や個人事業の決算作業をする際に、使われる用語。

決算作業の代表的なものとして、

・売掛金や買掛金の整理

・棚卸在庫や貯蔵品の洗い替え

・未払金、未払費用の計上

・前払金、前払費用の計上

・減価償却費の計上

などがあり、そういった勘定を整理する。

だから、決算整理と言われています。

【決算修正】

過去の決算を見直しする必要がある。

そういった作業をする際に使われる用語が、決算修正。

その場合、前期損益修正益(ぜんきそんえきしゅうせいえき)や前期損益修正損(ぜんきそんえきしゅうせいそん)など、あまり耳慣れない勘定が出てくることも。

できれば、あまりやりたくない作業です^^;

好みで使い分け

では、決算整理と決算修正。

正確に使い分けないといけないかというと、そういう訳ではありません。

この2つは、好みで使い分けても大丈夫です。

少なくとも、間違ったら困るというレベルのものではありません。

UIMカードをSIMカードと呼んじゃってるぐらいの違いです。

決算整理と呼んでも決算修正と呼んでも、やっている作業が何かを明確にしておけば、影響が出ることはほとんどありませんので。

まとめ

決算整理や決算修正は。

好みで使い分ければいい。

一般的に、決算整理は、決算作業をする過程で。

決算修正は、過去の決算を見直しする過程で出てくる用語です。

ただ、どちらにしても、使い方を間違ったら困るというレベルのものではありません。

その時々の状況に応じて使い分けましょう。

◉編集後記◉

長男が学校の宿泊研修へ。次男がちょっとさびしそうです(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ