リレーションスポーツが苦手:それでも何とかやっていける

C2DEA592 5FC9 417B AA34 44D860B3B4BC

だけでなく。

リレーションスポーツ

リレーションスポーツは、他人との関係性の中でプレーが進んでいく競技(おそらく公式にそういった呼び方はありません。私が勝手に名付けているものです)。

例えば、

・サッカー

・バスケットボール

・バレーボール

などが、ここで言うリレーションスポーツの代表的な競技になるでしょう。

苦手意識

実はこのリレーションスポーツ。

個人的には、苦手意識があります^^;

気がつけば、取り組んできたスポーツは個人競技ばかり。

意識してやってこなかったという訳でもないのですが…。

リレーションスポーツに苦手意識があるということは、ほぼイコールで団体行動が苦手ということになるでしょう。

みんなそうやってますよ。

周りに合わせましょうよ。

そう言われると、えーっと…となるのは、こういったところにも現れるのかもしれません。

それでも何とかやっていける

ただそれでも、それでも何とかやっていけます。

・周りと同じでないと不安

・誰とでも上手に接することができない

・関係が築けない、崩れるかもしれない

こういったことは、何となく心のどこかにひっかかっていることではありますが、自分の軸を持つことで、そういった類のことはそれほど気にならなくなりました。

・自分の軸を持つこと

・いい悪いではなく好き嫌いで判断すること

・自分に合ったものを自分で選ぶこと

リレーションスポーツが苦手というのは、自分の進むべき道を照らしてくれていたようにも思えます。

まとめ

リレーションスポーツが苦手。

それでも何とかやっていける。

気がつけばあったリレーションスポーツへの苦手意識。

それはイコール、団体行動が苦手ということになるのかもしれません。

ただ、それでも何とかやっていける。

やっていけるだけでなく、それが自分の進むべき道にもなりました。

 

 

◉編集後記◉

くせまちなかバルというイベントのお手伝いに。接客業、久々にやりましたが、嫌いではないです(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ