平成の終わりとともに:ブログの更新を止めるかどうか

E224C45A E6FF 44A6 BEC9 85C429673C39

どんなものにも。

平成の終わり

この記事を書いている今日が、2019年4月29日。

約30年続いた平成という時代(年号)も、あと一両日中に終わりを迎えようとしています。

順調にいけば、昭和・平成・令和と、個人的にはこれで3つの時代を生きたことになりますね。

ブログの終わり

毎日更新を前提にしているこのブログ。

積み上げてきた記事数は、1,400記事を超え、形としてはここまで毎日更新を継続することができています(あやしいときもありますが^^;)。

続けていくこと・続けていけるかどうかという視点は、仕事においても最も重要視しているところ。

それは、ブログについても同じ考え方で、本来から言えば、このまま永久に毎日更新を続けるというのが、望ましい形です。

ただ同時に、そうは言っても…というのはありますね。

時代(年号)に終わりがあるように、ブログにも終わりがあります。

正直に言うと

平成が終わるからと言って、ブログも終わりにしようとは考えていません。

ただ、正直に言うと、更新を継続するためだけに、ねじ込んでいる記事があるというのも事実です。

それにストレスを感じるぐらいなら、止めてしまったほうがいいなとも。

続けるだけのブログなんて意味ないですやんというのも、もっともな意見ですしね。

ただ、前述したように、平成が終わるので止めるということはしません。

もうしばらくは、お付き合いいただくことになります(^^)

まとめ

平成の終わりとともに。

ブログの更新を止めるかどうか。

平成が終わるからと言って、ブログも終わりにしようとは考えていません。

ただ、どんなものにも終わりがあり、その区切りは意識しておく必要があります。

今のところは、満四年もしくは1,500記事が、ひとつの区切りかなとも。

もちろん、その終わりは前向きなものであることを前提にとは考えていますが。

 

 

◉編集後記◉

中学校のサッカーの練習試合に。で、デカい…というのが第一印象です(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ