コントロール不能なものを:どこまで取り入れておくか

IMG 0888

どこまで?

界隈で話題

少し前から税理士界隈で話題になっていた、あるクラウドサービスの実質値上げ。

いよいよその実施の時が近づいてきました。

現在(2019/05/08)のところ、実質値上げは予定通り行われるようです。

コントロール不能

今回の一件。

かなり一方的な申し出となっています。

まさに、晴天の霹靂。

コントロール不能です。

まあ全般に、値上げというのはそういったものかもしれません。

もちろん、それを選択するかしないかということについては、自由です。

これを機会に、それとは別のクラウドサービスを使われるという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、そのクラウドサービスもまた、値上げをしないという保証はどこにもないので困るのですが^^;

どこまで取り入れておくか

今回話題にしているクラウドサービスの値上げは、単純な値上げという訳ではなく、一部機能の追加ありきの値上げです(ですので実質値上げという表現をしています)。

そうなったら、その追加機能を使わないと損だよなという考え方もありますね。

実を言うと、あったらいいなと思っていた機能が使えるようになったことも確か。

ただ、あったらいいなは全員に当てはまるものではなく、あったらいい人もいれば、なくてもいい人もいるので微妙です。

こういったサービスの変更と値上げ。

共通して考えておかなければいけないことは、どこまで取り入れておくかということでしょう。

もう抜けられない、後戻りできないというところの見極めを、しっかりしておかなければいけません。

追加機能に関しても、それをラッキーと取るか、沼(ぬま)と取るかで、その見え方は違ってきます。

まとめ

コントロール不能なものを。

どこまで取り入れておくか。

こういった話は特に、インターネット上のサービスに多くなる傾向があります。

最近では、こんなこともありました。

ついに来た:Amazonプライム年会費変更のお知らせ

どこまで取り入れておくかというのは、おススメする側としても、やはり考えておかなければいけないことのひとつです。

 

 

◉編集後記◉

さて令和が本格始動(^^)学校に職場に元気に旅立っていきました。ありがたや〜。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ