事業の経費になるかならないか:こんなものならなりやすいかも

1A24968F-6CF4-4D93-9AE5-E391A0091361

「売上につながるものは経費」事業をされている方ならよく知られていることだと思います。さらに、これ経費?というものでも、こんなものなら経費になりやすいかもしれません。

経費になるかならないか基本の考え方は2つ

①直接に要した費用かどうか

「売上をあげるために直接に要した費用かどうか」

税理士さんによっては、この1点のみで判断してもいい!と言われるかたもいらっしゃいます。私も同感です。売上をあげるために支払ったものなら、それが事業の経費になるのは当然!

…なのですが、私はより確実にするため、これにもう1つ考え方を加えています。

②客観的に明らかかどうか

「①を客観的に明らかにできるかどうか」

その経費が、事業の経費だと誰が見ても明らかだと思う主張が、できるかどうか。それを説明できる材料や根拠になる資料を、そろえることができるのかどうかです。

たばこ代はどうなんでしょう

①普通は経費になりません

「たばこ吸わんと集中できんけえ、能率があがらんのんよ」

むむむ、そうですか。そう言われると売上をあげるために「直接に要した費用」だといえないこともないかもしれません。

でも、「客観的に明らかかどうか」はどうでしょう?

「たばこを吸わないと仕事ができない」という証明をお医者さんがしてくれれば、可能かもしれませんが、普通は無理ですよね。

②でも、こんな場合は認められます

たばこを吸うことによる影響の記事を書くため

なぜたばこが売れるのかマーケティングするため

これらを記事にしたものや、報告書などの成果物があれば、たとえたばこ代であっても事業の経費にすることができます

こんなものなら経費になりやすい

こんなものなら経費になりやすいです。

それは「嫌いなもの」や「苦手なもの

例えば、先ほどの例でも、ヘビースモーカーの方が経費にするのと、たばこ嫌いな方が経費にするのとでは説得力が違います

営業に必要なんだけど、人と話をすることが苦手という方が、話し方教室に通うなんていいですね。

まとめ

「好きなもの」や「楽しいもの」は、それが事業のためなのか、個人の趣味なのかその判断が微妙ということがあります。逆に「嫌いなもの」や「苦手なもの」は経費になりやすい。そう思って、どんどん挑戦していきましょう。事業が元気になりますよ。

 

◉編集後記◉

大山とっとり花回廊へ
サルビアの真っ赤な絨毯が、信じられないぐらいきれいでした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ