言われた通りにやるのが:戦略の一つだったあの頃

BC0B80EB 592D 460D 8B5B A9CFB9A09DC1

それが面白さにも。

ひとつの正義

失敗したくないという気持ちが先にあったあの頃。

言われた通りにやることは、私の中でひとつの正義でした。

言われた通りに言われたことだけをやっていれば、大きく失敗することはありません。

・間違いがないこと

・失敗をしないこと

こういったものが、私の価値だと信じていましたので。

戦略の一つ

言われた通りにやることは、間違いなく私の戦略の一つでした。

その当時は、それが戦略だなんてことは思ってもいませんが、今となってはそれがそうだったんだとわかります。

そうすることで、そこそこの評価もいただいていましたので。

ただ、フリーランスになってからというもの、それでは通用しない。

そのことを身に沁みて感じています。

通用しない

・前例ありきで

・マニュアル通りに

・仕様に合わせて

そこから生まれるものは、ある程度予測のできるものばかり。

言ってみれば、こちら側(間違いたくない側)からの視点しかありません。

こういったものは、通用しない。

フリーランスになってからというもの、それを身に沁みて感じています。

それは、これからの時代は…など関係なしにいつの時代もそうであったということでしょう。

ただ単に、その場にいなかっただけ。

言われた通りにやるのが戦略の一つだったあの頃が懐かしいです。

まとめ

言われた通りにやるのが。

戦略の一つだったあの頃。

フリーランスになると、言われた通りにやることすらできなくなりました。

もちろん、それがフリーランスの面白さの源泉になっているのですが。

 

 

◉編集後記◉

午前中事務所内。午後から打ち合わせ。車の中で日焼けしそうなぐらいの太陽。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ