犬が飼いたいと言ったなら:まずはめだかで試してみる

82408F3A 360F 4FB9 B5F3 8F0A5FFAFFF3

小さくはじめて。

犬が飼いたい

犬が飼いたい!

程度の差こそあれ、一度は言った・言われた憶えのあるセリフなのではないでしょうか。

昔は言っていたであろうセリフでしたが、今はもう言われる立場になりました…。

まずはめだかで

子供に犬が飼いたいと言われたらどうするか。

そんな時はまず、めだかを飼ってみたら?という提案はどうでしょう。

実はこのめだか。

飼うのにそれほど手がかかりません。

さらに、きちんと世話をしてやれば、自然と増えていく楽しみもあります。

もちろん、めだかも生き物です。

放っておくわけにはいきません。

例えめだかであっても、世話をしないなら当然飼う資格がないのですが、まずはめだかから試してみるというのはアリなのではないかと。

ちなみに我が家では、道半ばで貰われていきましたが^^;

プロトタイプ(試作品)

・できるところから手を付ける

・小さい投資でやってみる

・後戻りができることからはじめる

プロトタイプ(試作品)とも言われますが、こういったことはビジネス、特にスタートアップ界隈では常識とも言えること。

いきなり犬からいくのではなく、めだかからはじめてみるというのは、このプロトタイプの考え方に似ています。

もし、どうしてもと言うのなら、まずはめだかから小さくはじめてみる。

それができないのならば、どのような取り組みをしてみても、課題は山積みです。

まとめ

犬が飼いたいと言ったなら。

まずはめだかで試してみる。

決して、めだかなら雑に扱ってもいいと言っている訳ではありません。

ただ、責任を持って飼うためにも、試すことは必要です。

小さくはじめてみましょう。

 

 

◉編集後記◉

古くなっていた自転車用のヘルメットを更新。安全のためにも必要なことです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ