自動車税の支払いを:Yahoo!公金支払いでやってみた

スクリーンショット 2019 05 17 6 58 19

もう少し。

Yahoo!公金支払い

Yahoo!公金支払いは、地方公共団体の税金や各種料金を、Yahoo!JAPANのウェブサイト上で支払いできるサービスです。

・自動車税

・固定資産税

・住民税

・国民健康保険

・介護保険料

・後期高齢者医療保険

・個人事業税

・不動産取得税

・ふるさと納税

・水道料金

・NHK放送受信料

などなど、その取扱は意外に広く、特にクレジットカードでふるさと納税をする場合は、このYahoo!公金支払いに移行するようになっているサイトも多いです。

ただし、すべての地方公共団体の税金や各種料金が支払えるという訳ではなく、その範囲は限定されています。

例えば、固定資産税の支払いについては、岡山県では今のところ総社市のみの対応(2019/05/17現在)です。

自動車税の支払い

今回は、岡山県への自動車税の支払いをこのYahoo!公金支払いでやってみました。

やり方については、地方公共団体ごとに違うところもあるため、実際に支払いをする場合には、一次情報を確認したほうがいいでしょう。

Yahoo!公金支払い

ここでは、Yahoo!公金支払いのメリット・デメリットをまとめてみます。

メリット・デメリット

【メリット】

①窓口に行かなくていい

金融機関等の窓口に行かなくてもいい、並ばなくてもいいというのはメリットですね。

②いつでもできる

インターネット上のサービスですので、時間を選ぶことなく、いつでもできます。

③クレジットカードのポイントがつく

つくポイントはカード会社にもよりますが、公共料金の支払でもポイントがつくというのは魅力です。

④Tポイントが使える

他で貯めたTポイントを支払いに使うことができます。

【デメリット】

①手数料がかかる

岡山県の場合は、1台ごとに324円(税込)の決済手数料がかかります(2019/05/17時点)。

②納税証明書(領収印)がもらえない

車検などの手続き時に必要だった納税証明書。

この納税証明書は2015(平成27)年10月から電子的に確認できるようになり、陸運局などへの提示が省略できるようになりました。

そのため、基本的には納税証明書(領収印)はもらう必要がありません。

ただし、手続完了から電子的に確認できるまで約2週間かかります。

車検の期限がせまっていて、すぐにでも確認が取りたい、納税証明書が欲しいという方は、従来どおり、納税証明書(領収印)がもらえるような納付方法を取らなければいけません。

岡山県では、この納税証明書をもらうことがネット上の手続きだけではできませんので、少し注意が必要です。

まとめ

自動車税の支払いを。

Yahoo!公金支払いでやってみた。

Yahoo!IDを持っていれば、支払い等の手続きは、さらに簡単になります。

実は10年以上前からあるこのサービス。

もう少し範囲が拡大すれば、より浸透するかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

午前中事務所内、午後から出張、打ち合わせ。夢中で打ち合わせをしていると汗ばむ季節になりましたね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ