必要な時に:必要な量だけあればいい

E0B5693C B523 4CC6 9BD2 2889A16CA2FF

なーんだ?

突然ですが

突然ですが問題です。

必要な時に必要な量だけあればいいものなーんだ?

・・・

答えはお金。

必要な時に必要な量だけある。

それが理想ですよね。

必要な時に必要な量だけ

ただ、お金については、

あればあるほどいい

そう考えるのが一般的ではないでしょうか。

無いと困りますが、あって困るというものではありません(相続などで権利が絡んだ場合は別です)。

あればあるほど…と考えるのが普通です。

ただ、あればあるほどのあればは、一体いくらなんでしょうか。

1億?

2億?

それとも10億?

お金については、100万円あれば幸せという方もいれば、100億円あっても安心できないという方もいらっしゃるでしょう。

それを叶えるのが

だからこそ、

必要な時に必要な量だけある

これが理想です。

それを叶えるのが経理(結局そこかという感じですが^^;)。

経理自体は、いくらやってもお金を生みませんが、必要な時と必要な量が前もってわかる。

一見遠回りに思えますが、理想に近づくための一番の近道だと考えています。

かなりしつこいですが、こういったことは、昔も今もこれからも変わらないことでしょう。

まとめ

必要な時に。

必要な量だけあればいい。

必要な時に必要な量だけ。

それは絵に描いた餅、ただの理想なのかもしれません。

それでも描き続けなければ、手に入ることはない。

そう信じていなければ、やってられないというのもありますが(^^)

 

 

◉編集後記◉

へとへとになって帰ってくる子供たち。暑い日が続いています。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ