自分のやりたいことに:お金は払ってもらえない

99624F2C D3E0 4479 95DF 1F92BA08A844

見落とさないように。

お金を払う

できるだけお金は払いたくない。

それが、世間一般の考え方です。

お金を使うのは好きでも、お金を払うのは嫌いという方も(^^)

ただ一方で、納得のいくものならお金を払ってもいい。

それも、世間一般の考え方でしょう。

だからこそ、この「納得のいくもの」の捉え方は大事です。

自分のやりたいこと

こういったことをやってみたい

これならお金を払ってもらえる

そうやってビジネスは、はじまりそうな気がします。

ただ、前述したように、できるだけお金を払いたくない。

これが一般的な考え方です。

ビジネスをはじめるときは、自分のやりたいことにお金を払ってくれるのではない。

そのように考えていたほうが無難です。

自分のしてほしいことになら

では、どういったことにならお金を払ってもらえるのか。

これも前述したように、納得のいくものならお金を払ってもいい。

それが一般的な考え方です。

人は、自分(ビジネスの相手)のしてほしいことになら、お金を払います。

自分のやりたいことに、お金を払ってくれる訳ではありません。

当たり前のことなのですが、ビジネスをはじめようとする時、意外と見落としてしまっている視点です。

まとめ

自分のやりたいことに。

お金は払ってもらえない。

これならお金を払ってもらえるだろう。

そう考えることの多くが、勘違いであるかもしれません。

自分のやりたいことにお金を払ってくれる訳ではなく、自分(ビジネスの相手)のしてほしいことに、人はお金を払います。

例えそれが、スモールビジネスだったとしても例外ではありません。

最もこれは、私自身にも言えること。

見落とさないように、気をつけている視点です。

 

 

◉編集後記◉

午後から夜にかけて会議。その後、前から気になっていたとある所へ。すごく居心地が良い場所だったのでついつい長居を(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ