目指すところは:=(イコール)でなくてもいい

191A2A14 DCE2 4475 A68C 885FCBCE59B2

一緒はありません。

伝えたいことと思っていること

自分が伝えたいこと=相手が思っていることにはならない。

仕事だけでなく、生活の中でも日々感じていることです。

どれだけ正確に伝えたとしても、それが相手の思いと=(イコール)になることはありません。

お前のモノは俺のモノ

伝えたことを受け取った相手は、それを相手の中で自分のモノにしています。

だから、自分が伝えたことは、伝えた時点で必ず別のモノになっているということです。

まさしく、かの有名なセリフ。

お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノですね。

なくてもいい

ただ、自分が伝えたいことと相手が思っていること。

これの目指すところは、=(イコール)でなくてもいい。

そのように考えています。

大事なのは、自分が伝えたいことと相手が思っていること。

この2つは、必ず違っていると前もって準備しておくことです。

それを踏まえたうえで、違っていることをどのくらい柔軟に受け入れ、より望ましい成果に変換することができるか。

ただ、「違っています」だけで終わらせない。

突き詰めて考えると、そういったことが人の「合う」「合わない」につながってくるのかもしれません。

まとめ

目指すところは。

=(イコール)でなくてもいい。

自分が伝えたいことと相手が思っていることは、必ず違うと考え、その前提で、自分ができることを前もって準備する。

「違っています」だけで終わらせないことが、人の「合う」「合わない」にまでつながってくるのかもしれません。

 

 

◉編集後記◉

西日本の梅雨は、まだのようです。さわやかな天気。プールは寒いらしいですが^^;


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ