事業アイデアの差別化:誰でもどんなことでも小商いでも違いは出せる


0C8E953B-6FF0-4387-B400-ED01A54F43EE

小商い・小規模・零細・ひとりの事業で、継続して売上を立てていくためには「差別化」が必要とはよく言われるところです。でも具体的に「差別化」ってどうすればいいのでしょうか。

差別化が必要と言われるけれど

事業をするなら他者との「差別化」をしてください

よく言われることです。でも、差別化と言っても具体的には?なところがあるのではないでしょうか。

差別化も奇をてらったものであれば、認めてもらえませんし、続きません。かといって、差別化しないと、まず見てもらうこともできない…。

意識していないところに差別化はある

カフェをOPENします。差別化するために、以前からペットとして飼っているアルマジロを店において、アルマジロカフェにしたらどうだろう。

美味しいコーヒーをいただきながら店内をアルマジロがコロコロ…。いいですね。癒されるかもしれません。差別化です。

でもちょっと考えてみてください。

店内にアルマジロがいるという事実よりも、実は、アルマジロを普通に飼うことができているというスキルのほうがすごい。このスキルを上手く発信していくと、より収益化することができそうです。

というように、これはちょっと極端な例ですが「普通にやっていること」「意識していないこと」に実は差別化(=違いのネタ)があるということが、よくあります。

こんなものでも差別化できる

「それでも違いなんて見つけれないよ。だって俺、ホントに普通だもん」という方。そんな方は、こんなものでも差別化できます。

おしゃれカフェは、OPEN時間が軒並み11:00とかになっています。じゃあ6:00からやっちゃえ。「時間」での差別化です。

「当たり前」「常識」「普通になっていること」にも違いを見出すことができます。

違いなんて見つけられないよという方は、この「当たり前」「常識」「普通になっていること」をよく知っている人です。少し視点を変えてみると、違いをたくさん見つけることができるかもしれません。

「当たり前」「常識」「普通になっていること」についてはこんな記事マックで水がもらえます:その常識は思い込みかもしれませんも書いています。

まとめ

世の中の差別化の中で一番わかりやすいもの。それは「価格」です。

そして、小商い・小規模・零細・ひとりの事業で差別化に一番使ってはいけないもの。それも「価格」です。

社会のルールや常識は、守らなければいけませんが、とらわれる必要はありません。「やってみたいことはあるけど、違いなんて見つけられない」という方は、お話を聞かせてみてください。あなただけにある違いを、一緒に考えてみましょう。

 

◉編集後記◉

新しく名刺を作ってみました。
出来上がって来るのが楽しみです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ