この先の世の中は:良くも悪くもならない

39BFF0D7 1676 4889 8016 16D69B09A40B

この先も。

この先どうなるのか

この先どうなるんでしょうね〜

というフレーズが会話の中によく出てくる。

これは、この業界(税理士)あるあるかもしれません。

この先の世の中がどうなるのか。

知りたいような、知りたくないような…。

良くも悪くもならない

結論からいくと、この先の世の中は、良くも悪くもならない。

これが私の個人的な見解です。

・良いこともあれば、悪いこともある

・良くなることもあれば、悪くなることもある

ということになるでしょうか。

当たり前すぎて、結論にもなっていませんが。

選択を自由にする

では、良くも悪くもならない世の中でできることは何か。

それは、選択肢を増やしておくことだと考えています。

仕事でもプライベートでも、この「選択肢を増やしておく」ということについては、意識しているところです。

例えば、どうしても閉鎖的・強制的になってしまうグループ等には身を置かないなどがあるでしょうか。

ただ、この「選択肢を増やしておく」ということについては、増やしておくだけでなく、それを選ぶだけの気力・体力・お金が必要になります。

選択肢を増やしておくことは、

・時間を増やしておくこと

・お金を増やしておくこと

でもあるからです。

そのためのツールとしてあるのが経理。

経理は、お金を計算するためだけにあるのではなく、選択を自由にするためにあります。

まとめ

この先の世の中は。

良くも悪くもならない。

これが私の個人的見解です。

さらに言うとこれは、今に限ったことではありません。

私がこの業界に入った頃から、

この先どうなるんでしょうね〜

という会話はありましたから。

それから20年以上が経って、それでも選んで進むしか無いということ。

そのツールのひとつとして経理があるということは、この先20年も変わることがないだろうと考えています。

 

 

◉編集後記◉

The1975のLive video『Sincerity Is Scary (Live From The BRITs 2019)』が良すぎて何度も見てしまうという…。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ