わからない・知らないは:連発されてナンボ

F3B12478 195D 459C B9B1 83DB0A400277

チャンスです。

わからない・知らない

子供たちに

・わからない

・知らない

と言われる。

内容を問わず、

・わからない

・知らない

二言目にはそう言われます。

年齢が大きくなるにつれてこの傾向は強くなり…。

まあ、自分もそうでしたが(^^)

連発されてナンボ

この

・わからない

・知らない

については、連発されてナンボだと思うようにしています。

そうしないと腹が立って仕方がないというのもありますが、それがチャンスだととらえることもできるからです。

チャンスだととらえる

・わからない

・知らない

これは、裏を返せば、

・わかる

・知る

そういった行動を起こすチャンスだととらえることもできます。

伝え方次第によっては、興味を持って自分で調べてみようかとなることもありますので(10回に1回ぐらい)。

それでも、100回なら10回、1000回なら100回になりますので、まさにチリもつもればなんとやらです。

だからこそ、連発されてナンボ。

チャンスだととらえるようにしています。

まとめ

わからない・知らないは。

連発されてナンボ。

わからない・知らないは、わかる・知るためのチャンスだととらえることもできます。

だからこと、連発されてナンボ。

10回に1回ぐらいは、奇跡が起こります(^^)

 

 

◉編集後記◉

書き忘れていましたが、オリンピック抽選はすべて落選。

・開会式

・閉会式

・卓球の予選

・スケートボード

・ボルダリング

に申し込んでいました。

仕方ないのですが「落選」と書かれると結構落ち込みますね。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ