資金不足を問題にしない:予測できていないことを問題にする

41F392E7 9A90 423C 9EAE 39E2A7A11B45

それ自体は。

資金不足

資金不足は、事業を行う経営者が恐れていることのひとつです。

簡単に言うと、お金が足りないという状態なのですが、場合によっては、事業が続けられない。

そういった深刻な事態に陥ってしまうこともあります。

ただ、見方を変えれば、資金不足は成長の証、事業が伸びている証拠と捉えることもできます。

資金不足になること。

実は、それ自体に問題がある訳ではありません。

利益(もうけ)とお金のギャップ

利益(もうけ)とお金の間には、必ずギャップが発生します。

いちばんわかりやすいギャップは、支払と入金の時期のズレ。

例えば、仕入れたものを売るというビジネスをしている場合、

仕入れる

売れる

仕入れたものの支払をする

売ったものの入金がある

という流れになるのが一般的。

支払のタイミングが、入金よりも先になると、ギャップが発生し、資金不足に陥りやすい要因となります。

さらに、取引量が多くなることで、そのギャップは大きくなり、どんどん売れてもうかっているはずなのにお金がない…。

そんな状況が出てきます。

予測できていない

前述した、どんどん売れてもうかっているはずなのにお金がないという状況。

これは、決して悪い状況ではありません。

お金がないことに着目すると、すごく悪い状況であるかのように見えてしまいますが、一方で、モノやサービスがどんどん売れているという事実があることも確かです。

問題は、資金不足にあるのではなく、それを予測できていないことにあります。

予測することによって、

・対応できるお金を前もって準備しておく

・場合によっては、外部の資金に頼る

・根本的なギャップの解消方法を探る

そういった対策をとることができますので。

まとめ

資金不足を問題にしない。

予測できていないことを問題にする。

資金不足を予測するのに、誰かにしてもらっている経理では、それを予測をすることは難しいでしょう。

自分でできるようになる経理に、挑戦してみなければいけません。

資金不足を予測できるようになることは、お金に対する自由を手に入れることと同じです。

 

 

◉編集後記◉

連日のサッカーの試合応援へ。雨は降らなかったものの、蒸し暑い一日になりました。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ