ダメなところを指摘せずに:選ばれるための準備をする

87283EF6 C1CD 451D 9813 4ED02A95A5EF

言うのは簡単です。

だからダメ

・ITを使わない

・経理は全部丸投げ

・目を通す気にもならないような分厚い資料を作る

・正しくはあるけれど、役には立たない情報を出す

私の場合、そういった仕事の進め方・やり方を見ると、思わず「だからダメなんですよね〜」と言ってしまいそうになります。

ただ、仕事には、色々な進め方・やり方があります。

ただダメなところを挙げることは、誰にでもできることなんですよね。

お役に立てることを伝える

自分が、相手にとってどのような価値があるのか。

相手の役に立ってはじめて、それが仕事だと言えます。

ただダメなところを指摘するだけでは、足りません。

現状で取り組める改善点やすぐに効率化できることを考え、自分ならどのようにお役に立てるかをお伝えする。

そこではじめて、同じ土俵に上がることができます。

選ぶのではなく選ばれるもの

経理にしろ、ITにしろ、どういった仕事の進め方・やり方を選ぶかは、それぞれの自由です。

自分がそういった進め方・やり方を選ぶだけでなく、相手にも、自分がおすすめするやり方・進め方を、選んでいただくようにしなければいけません。

どんなにいい提案をしても、そういった仕事の進め方・やり方を選ぶかどうかは、別の話。

本人の選択によるところです。

そのために、選ぶだけでなく、選ばれるための準備もしておく必要があることは、言うまでもありません。

まとめ

ダメなところを指摘せずに。

選ばれるための準備をする。

選んでいただくためには、ダメなところを指摘するだけではなく、どのようにお役に立てるかをお伝えすることをしなければいけません。

自分がいいと思った仕事の進め方・やり方を通そうとするなら、それを選ぶだけでなく、選ばれる準備もしておく必要があります。

 

 

◉編集後記◉

子供を病院へ。皮膚科への通院。道中LuckyKilimanjaroのラジオが聞けてLuckyでした(^^)


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ