事業を続けていくために必要なことは?と聞かれたら

この先も変わらず。

事業を続けていくために必要なことは?

続けることは、はじめることの100倍難しい。

事業を続けていくためにできることはぜんぶやる。

そんな気持ちで掲げている「続けていくために必要なことぜんぶ」というメッセージ。

事業を続けていくために必要なことは、当然にたくさんあります。

その中から大事に自分(たち)に合ったものを選び、少しづつ前に進んで行く。

それは、気が遠くなるほど長くて険しい道のりです。

だから、続けていくことは本当に尊く、それだけで価値があります。

でも、ひとつだけ。

ひとつだけ事業を続けていくために必要なことは?と聞かれたら、それは迷わず「経理」だとお答えします。

いくらやっても売上はあがらない

事業を続けていくために必要なことをあえてひとつだけあげるとすれば、経理。

…で間違いないのですが、まずは言いにくいことから言っておきましょう。

実は、経理をいくらやっても売上はあがりません。

経理をやれば

・単価が上がる

・客数が増える

・売上倍増!

なんてことはなく、いくらやっても売上はあがらない。

これは事実です。

程度こそあれ、誰もが売上をあげるためにビジネスをやっています。

であれば、

いくらやっても売上があがらない経理なんて、やる意味ないんじゃない?

そんな時間があるなら、もっと売上をあげるためのことに使いたいよね?

と言いたくなるのも無理はありません。

でも、ちょっと考えてみてください。

そもそも、その「あげたい売上」って一体いくらなんでしょう?

100万?1千万?1億?

これは、卵が先かニワトリが先かという話。

経理をやらなければ、そもそもの「あげたい売上」はわかりません。

欲しい利益(もうけ)や手元に残せるお金は、経理をしなければ見えてこないからです。

だから、経理が先か、売上が先か。

結局は、このどちらもが取り組まなければいけない課題だということです。

資金不足が問題なのではない

事業を行う経営者が最も恐れていること。

それは、資金不足でしょう。

簡単に言うとお金が足りないという状況ですが、場合によっては、

・事業が続けられない

・生活ができない

・やめる(逃げる)しかない

そういった深刻な事態になってしまうことさえあります。

ただ、資金不足になること。

それ自体に問題がある訳ではありません。

利益(もうけ)とお金のギャップ

利益(もうけ)とお金の間には、必ずギャップが発生します。

いちばんわかりやすいギャップが、支払と入金のタイミングギャップ。

例えば、仕入れたものを店頭で売るというビジネスをしている場合、

仕入れる

店頭に並べる

仕入れたものの支払をする

売れる(入金がある)

という流れになるのが一般的。

入金のタイミングが、支払のタイミングよりも後になっています。

つまり、売れて入金がある前に、仕入れたものの支払をしなければいけない。

これが支払と入金のタイミングギャップです。

さらに、このタイミングギャップ。

商品の取引量が多くなると大変です。

大量に仕入れた商品の支払いを、入金がある前にしなければいけません。

予測できていない

前述した支払と入金のタイミングギャップは、どんどん売れてもうかっているはずなのにお金がない。

いわゆる黒字倒産という状況をあらわしています。

ただこれは、決して悪い状況ではありません。

お金がないことに着目すると、すごく悪い状況であるかのように見えてしまいます。

でも一方でそれは、自分が売りたい商品やサービスが売れているという証拠。

そう考えると、悪い状況ではありませんよね。

問題は、資金不足にあるのではなく、それを予測できていないことにあります。

資金不足になることが予測できていれば、

・対応できるお金を準備しておく

・ギャップの根本的な解消法を探る

・場合によっては外部資金も頼る

そういった対策を前もってとることができます。

「したいこと」と「してもいいこと」は違う

ただそれが、それ以前の問題である場合もあります。

それは、単純に「本当にそのお金を使っていいのかどうかわかっていない」という問題です。

これは、タイミングギャップといったようなテクニカルなものではなく、もっと根本的なもの。

いわば「したいこと」と「してもいいこと」とのギャップです。

こと事業においては「したいこと」と「してもいいこと」がイコールになりません。

そのほとんどは、お金の問題です。

自分が「したいこと」は、本当に「してもいいこと」になっているでしょうか。

「したいこと」と「してもいいこと」にお金をきちんと紐付けをしておくこと。

これは、スモールビジネスであっても例外ではありません。

経理には、ロマンとソロバンを埋める役割もあります。

経理は自分でやり方は色々で

では、そんな経理にどのように取り組んでいけばいいのか。

結論から言うと「経理は自分でやり方は色々で」ということになります。

まずは、経理を人任せにしないこと。

そして、自分に合ったやり方は、やりながら自分で見つけていくこと。

どんなかたちであれ、とにかく自分でやってみることが大事です。

ただ、それでは答えになっていませんね。

自分で経理に取り組むポイントとして、私は次の3つのことをお伝えしています。

その1:DIYで

DIYは、一般的には「Do It Yourself」の略語です。

もちろんこの意味でも大丈夫なのですが、私はこのDIYを「だいたいで・いいから・やってみよう」の意で使っています。

経理というと、

・ルールを守らなければいけない

・1円たりとて間違ってはいけない

・すべてを正確にやりとげなければ意味がない

そんなイメージがありますが、そんなことはありません。

それよりも、自分で数字を見れるようになるきっかけを作ることが大事です。

まずは「だいたいで・いいから・やってみよう」です。

その2:12時間を1回より1時間を12回

経理はまとめてやるものだ。

なぜか世の中にはそんな風潮があるような…。

集中して徹夜でやります!と言われることもあるのですが、徹夜したら集中はできません。

学生時代の試験勉強と同じですね。

ここはやはり積み重ねが大事です。

まずは1ヶ月に1度だけ、日にちと時間を決めて、1時間だけでかまいません。

経理に取り組むことをおススメしています。

実際に私も、自身の経理をそのようにしています。

その3:まるで歯磨きをするように

毎日やっている歯磨き。

日々の習慣になっているということは、言うまでもありません。

歯磨きをしないと気持ち悪くて寝られないという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

経理をどの程度になるまでやればいいのか?

それは、この歯磨きと同じです。

無理なく自然に効果的に。

しないと気持ち悪いというところまでいけるといいですね。

1ヶ月に1回をおススメする理由

自分で経理に取り組むポイントの「その2」として、12時間を1回より1時間を12回、1ヶ月に1度だけ経理に取り組むことをおススメしました。

でも、そんなに経理が大事だと言うんなら、毎日やったほうがいいんじゃ…。

そのように思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、お金は生き物ですから、毎日やるにこしたことはありません。

特に、店舗販売で多くの現金を取り扱うという事業者の方は、毎日の現金の管理は必須です。

でも、ここで必須なのは「現金の管理」であって「経理」ではありません。

現金は、レジで管理しておけば十分。

会計ソフトと連動できる優秀なレジアプリだってあります。

会計ソフトを使ってやる経理は、しつこいようですが1ヶ月に1回でかまいません。

なぜ1ヶ月に1回なのかというと、実は経理は、意外に1ヶ月単位で処理されているものが多いからです。

・請求(するほう・されるほう)

・経費の精算

・クレジットカードの支払い

・給料の計算と支払い

・税金(所得税や住民税)の納付

ほとんどのものが、1ヶ月単位で処理されています。

毎日知りたいのは売上くらいで、経理の詳細まで知っておきたいという経営者の方は、少ないはず。

そう考えると、ほとんどの方が1ヶ月に1回の経理で足りるのではないでしょうか。

【この記事は随時更新中です】


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ