住宅ローンの返済:35年は35年であって35年ではない

5578980E-8CC5-4689-8DCE-8B894CA58687住宅ローンの返済。長期に及ぶものであれば35年ローンなどということもありますよね。35年…長いです。でもこんな場合、心配しすぎることはありません。35年は35年であって35年ではないからです。

どうして35年にするのか

どうして住宅ローンを35年にしようと思っていますか?

・とりあえず35年というのをよく聞くから

・みんな35年だと周りが言っているから

・35年でもいいと銀行に言われたから

ということであれば、住宅ローンについての学び・考える時間が足りていません。これ以降の記事を読むのを止めて、すぐに考え直してください。

これが、

・将来にわたって返済可能な金額を逆算した結果

ということであれば、心配しすぎることはありません。その35年は35年であって35年ではないからです。

常に変化していく

人生のステージは、常に変化していきます。

35年が、人生のどのステージに立っても返済可能な金額を逆算した結果なら、それで心配しすぎることはありません。

住宅ローンについては、返せなくなったときのことばかり考えますが、逆にたくさん返せるときもあるはずです。

計画的に返済に回せるお金を作り出すこともできれば、思わぬお金が入ってくるということだってあります。

「何が起こるかわからない」という表現は、悪いことばかりではなく、良いことにだって当てはまります。

35年ではない

ここで注意していただきたいのが、「何が起こるかわからないんだから、住宅ローンを組むときは、35年ローンにしましょう」と言っているわけではありません。

結果的に35年なら、35年という年数にこだわらなくてもいいと言っています。

35年は計算の結果であって、これから歩んでいく人生の経過次第ではいくらでも変化します。

だから35年は35年であって35年ではないんです。

まとめ

35年の住宅ローンなんてとんでもないという意見もあります。でも、現状でできうる限りの検討した結果であれば、それが10年であっても、35年であっても同じなのではないかと思います。

ただ、35年すれば返せるんだからという考えは捨ててください。35年という結果を甘んじて受け入れず、常に考え続けていくことで35年は35年であって35年ではなくなります。

家についてはこちらの記事「家、買いますか?借りますか?:税理士である私はこう答えてます」も合わせて読んでみてください。

 

 

◉編集後記◉

子供たちのインフルエンザの予防接種に行きました。今回は2回目。なんだかんだ言いますが、ちゃんと受けれました。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ