記帳説明会は行く価値なし?:私が全力で請け負っている理由

IMG_0115

フリーランス(個人事業主)の方を対象に、税務署から「記帳説明会のご案内」というものが送付されてくることがあります。先日、私もこの記帳説明会をさせていただきました。

記帳説明会は行くべき?

税務署から「記帳説明会のご案内」が来た!

この記帳説明会、まずは「行かないといけないの?」という疑問があると思います。

これについては「ご都合がつけば」というスタンスです。行かなかったからといって何かペナルティがあるわけではありません。

「でも、行かないと何かあるんじゃ…」なんて思う必要もありません。あくまで自主的な参加です。

無記名のアンケートと商工会や税理士会などの案内がありますが、そちらに誘導させるようなものでもありません(感じかたはあると思いますが…)。

記帳説明会は行く価値なし?

今回は、白色申告の方を対象にした記帳説明会でした。

主には、平成26年1月から必要になっている「記帳・帳簿等の保存制度」について概要をお話しするというものです。

この記帳説明会について検索してみると、フリーランス(個人事業主)の方の間では「時間のムダ」「行く価値なし」「本を読んだほうがいい」とあまり評判がよくありません

実際、そのような側面もあります。講義形式の全体説明ですから、どうしても内容には限界があります。趣旨を逸脱した話もすることはできません。

いろいろな段階、様々な事業者の方がいらっしゃいますので、どこに焦点をしぼるかというのは、開催側としても難しいところです。

記帳説明会を全力で請け負う理由

私が今回の記帳説明会で用意したスライドは58枚。作成するのに4時間ほどかかりました。

こんなものを作っています。

【帳簿等の保存方法について】

スクリーンショット 2015-11-26 8.39.56

【記帳をするときのコツ】

スクリーンショット 2015-11-26 8.40.53

【経費のギモンにお答えするコーナー】

スクリーンショット 2015-11-26 8.41.49

【便利なサイトの紹介なども】

スクリーンショット 2015-11-26 8.42.16

【もちろん、このブログについてもしっかり紹介(^^)】

スクリーンショット 2015-11-26 8.42.47

 

私が記帳説明会を全力で請け負っている理由はただ1つ

自分も楽しみたいから

せっかく大切な時間を割いて来ていただくので、楽しくて意味のあるものにして帰っていただきたい。かつ、自分も楽しみたいという思いが強いです。

まとめ

記帳説明会は、その時期・対象者・主催団体によって内容が異なります。参加した会によっては、うわさ通り?のこともあるかもしれません。

でも、請け負う側としては、なるべくいいものにしたいと思っています。うわさだけでなく、一度経験してみられるのもいいかもしれません。自分の知識の再確認にもなりますよ。

税務署からの送付物については、こんな記事「意外と大事:税務署から送られてくる文書・書類の封筒の大きさ」もあります。

 

 

◉編集後記◉

時間がたまたま合ったので、真庭市勝山のカフェ「てあ」さんで妻とランチ。料理も良かったけど、流れている時間がとても贅沢でした。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ