子育ては私のキャリア:履歴書に書いてもいいぐらいです

B199B897-0A40-4500-859C-CDB25D02DEC7

どんなに派手なママさんでも、子育てをしているというだけで私の評価は相当あがります。子育て歴◯年と履歴書に書いてもいいぐらいです。

子供と向き合っていますか

子供って、遠慮を知らないクレーマーであり、その場の空気を壊すブレイカーであり、予定通りにいかないノープランナーです。

つまりは王様ですよね。

自分の言うことは、当然聞き入れられると思ってるし、もちろん相手の都合なんて考えていません。

だから、ただ子供と向き合っているだけで、仕事に必要な力が身についてしまいます。

仕事に必要な3つの力

子どもと向き合っていると、仕事に必要な3つの力が身につきます。

【1】見通す力

子供が何を言いだすか。どういうことをしたがるか。

先を見通す力がないと、そのあとの予定に大きく響きます。子供と向き合っていると、自然と先回りして考える力が身についています。

仕事でも先を見通す力は必須です。先を見通したサービスは、顧客満足の向上につながります。

【2】ごまかす力

子供が言ったことを、すべて受け止めていると大変です。自然にごまかすという力がついていきます。

ごまかす力は、いい意味で仕事を上手くこなし、続けていくために必要な力です。

【3】選ぶ力

取捨選択をしなければ、話が前に進まないのが仕事です。

子供と向き合っていても、そんな場面がよくあります。子供の話を整理して、順序立てて、選ぶ(又は選ばせる)という力がついています。

子育ては私のキャリア

仕事を休むと、自分の仕事のキャリアがさがる。

そう思っている人は多いと思います。本人だけでなく、周囲もそういう目で見ているかもしれません。

でも、子供を育てている時間は、自分も成長しています。子育てをしたからこそ、こういうことがわかった。仕事に生かせる。ということがあります。

子育ては私のキャリアですと自信を持って言いましょう。

まとめ

「仕事ができる力があるか」という視点で人を見ると、その人の仕事歴だけを見てしまいがちです。

でも、子育ての中でも仕事に必要な力は鍛えられています。子育てのキャリアがあるというだけで、その力に5点いや10点ぐらいはプラスしてあげてもいいかもしれません。

ちなみに私も子育てキャリアありまくりですので10点くらいはプラスしてくださいね(^^)

子供については、こんな記事「子供とのコミュニケーション:仕上げ磨きなら一石二鳥です」もあります。

 

 

◉編集後記◉

もうすぐ12月。事務所ではnaomi&goro『Presente de natal -BossaNovaChristmas-』をかけてます。クリスマスパーティーにもぴったりですよ。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ