家族にもプレゼンを!:伝えないと伝わりません

スクリーンショット 2015-12-20 6.56.23

事業用に自転車を購入します。フリーになってから、近隣でこなさなければいけない雑用が増え、移動をするのに自転車の方が便利だからです。まあ一応と思って、妻にもそのことを伝えたんですが…

事業用の自転車

今回、自転車を購入しようと思ったのは

・雑用をこなす機関が微妙な距離で点在しているため、自転車で移動したほうが効率がよい。

・自転車を車に積んで移動すれば、訪問先に駐車場がない場合の駐車場の選択肢が広がる。

という理由からです。

もちろん、事業用の備品を購入するときに、家族にいちいち了解をとるようなことはしません。自分の判断で購入しています。

ただ今回の場合、自宅兼事務所ですので「急に見知らぬ自転車が家に止めてあったらびっくりするだろう。一応言っとこうかな」ぐらいの気持ちで伝えました。

伝わらなかった

「自転車買うから〜」

「えっ何で?必要なん?」

あれ、思ってたのと反応が違う…

そういえば、子供たちの自転車はありますが、一緒に生活を始めて大人用の自転車を所有していたことはありませんでした。

田舎は車社会です。どこへ行くにも車なので、自転車を持つ必要がありませんでした。

そのときは、何でわかんないんだという感じでしたが、考えてみれば当たり前です。

車があるんだから、今さら自転車買わなくてもいいじゃないということだったんだと思います。

田舎は車社会ということは、こちらの記事「田舎の現実:車に乗ることは生活やビジネスの一部です」にも書きました。

家族にもプレゼンを

そこでスライドを作成して、プレゼンすることにしました。

『38歳税理士が自転車を購入するたった2つの理由』

今度は上手く伝わって、自転車を購入することになりました。

よかった〜

家族だから何も言わなくてもわかってもらえる。無条件で受け入れてもらえる。というのは、自分だけの思い上がりです。

家族だからこそ、きちんと説明して伝えなければいけない。このようなことは大なり小なり、どんな家族にもあることなのではないでしょうか。

まとめ

「家族なのに何でわかってくれないんだ」というのは、自分だけの思い上がりです。いくら家族でも、伝えないと伝わりません。

そんなときは、家族にもプレゼンをしてみましょう。理由や思いがきちんと伝われば必ず認めてもらえるはずです。だって家族なんですから!

私のようにスライドまで作るというのは、ちょっとやりすぎかもしれませんが…(^^)

 

 

◉編集後記◉

寒いです。昨日はお鍋でした。うまかった〜。お鍋は洗い物も少なくて助かります。

■ブログでコミットする■

メニュー 11/31


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ