平成28年度税制改正大綱まとめ:そのトレンドとポイント

49AA1465-4129-4E4D-BCBE-5EE8E91E82E3

2015.12.16に『平成28年度税制改正大綱』が発表されました。現在の政治状況から考えて、ほぼこのままが平成28年度税制改正になる見込みです。そのトレンドとポイントをまとめてみました。

税制改正大綱とは

税制改正大綱(ぜいせいかいせいたいこう)とは、実際の税制改正法案を決定するのに先立って発表される税制改正の原案のことです。

例えると、何かイベントをやろうと言う時の企画書みたいなものです。

ただ少し違うところは、普通の企画書なら提出された後「あーだこーだ」と練っていって、結果、最初の企画とは全然違うものになっているということもあります。

現在の政治状況では、その「あーだこーだ」があまりありません。この大綱(原案)が決定する内容とほぼ同じと思っておいていいでしょう。

トレンド

税制改正にもファッションのようにトレンド(流行)があります。

現在のトレンドはこの3つ

1.法人(大企業)優遇

2.消費税依存

3.国際課税強化

昨年まで資産課税(相続税が代表)のトレンドがあったのですが、相続税で大きな改正があったため、少し落ち着いた感があります。

法人(大企業)優遇というトレンドは近年ずっと続いているものではあります。

ポイント

前述のトレンドの中、ポイントとしては下記の項目があります。

【法人】

・欠損金の繰越控除 9年→10年

・交際費 中小企業者の損金算入 2年延長

・特別償却、税額控除の各種見直し

・企業版ふるさと納税

【個人】

・空き家を売却した際の譲渡所得の特別控除

・三世代同居改修工事の特別控除

・通勤手当の非課税限度額引き上げ

・スイッチOTC医薬品の医療費控除

・個人寄附の対象拡充

・国保料の限度額増加

・保険料の証明書プリントアウト添付

【法人・個人共通】

・建物附属設備と構築物の減価償却が定額法に

・30万未満の固定資産の即時償却 2年延長(1,000人規模の法人除外)

・消費税軽減税率制度(平成29年(2017年)4月)

・インボイス制度(平成33年(2021年)4月)

・外国人旅行者向け消費税免税制度の拡充

・高額資産を取得した場合の消費税特例措置の見直し(平成28年(2016年)4月以後)

・自動車税軽減

・マイナンバー一部書類記載不要

・クレジットカード納付

・加算税見直し

【検討中で注目のもの】

・天引き社会保険料を家族から控除

・償却資産に対する固定資産税の維持

まとめ

『平成28年度税制改正大綱』の原文は、検討事項を含め125ページあります。もちろん全部読み込む必要はありません。

今後、要約したものや、ポイントだけをまとめたものを出版物や書籍などで目にすることになりますので、それをチェックしてやれば足りると思います。

ただ、今回やってみて、やはり自分の言葉でまとめておくことが大事だなと感じました。

ちょっと時間がかかり過ぎましたが^^;

 

 

◉編集後記◉

長男(小3)がカゼで熱を出して学校をお休み。一日休んで復活しました。

■ブログでコミットする■

メニュー 9/31

内容については、こちらの記事「ブログでコミットする:やり残していることはありませんか」で。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ