回収率は100%で:お金をもらうまでがビジネスです

C1940933-52BA-4BE8-B092-E4C5FC1654AF子供たちの給食費は、地域ごとの役員さんが各家庭を回って集金してくださっています。回収率は、100%?遠足は家に帰るまでが遠足で、ビジネスはお金をもらうまでがビジネスです。

手集金

生徒数が少ないということもありますが、子供たちの給食費は、地域ごとの役員さんが各家庭を回って、集金してくださっています。

給食費の滞納が問題になっていますが、この方法なら回収率は、ほぼ100%なのではないでしょうか。

何年も前は、税金でもこのようなことが行われていました。

地域の自治会で固定資産税を集め、市町村に納めるというもので、まとめて納めると市町村から報奨金がいただけます。

各家庭の多様化により、現在はなくなりましたが、この方法だと滞納はほぼゼロだったということです。

お金をもらうまでがビジネス

遠足は家に帰るまでが遠足です。

と言われたことがないでしょうか。

ビジネスはお金をもらうまでがビジネスです。

正当な商品・サービスには正当な対価が支払われるべきだ。

いくら声高に主張しても、やはり実際にお金をもらわなければ、正当な対価である意味がありません。

もらい方のシステムについても考えておくべきです。

お金のもらい方

レジで商品と引換に現金支払という場合なら、もらえないということはほぼありません。

ただ、こういったパターンの場合

仕事の完了

請求書を送付

後日入金

もらえないということも発生します。

こういったお金のもらい方が果たしていいのか。もう一度考えてみておく必要があるかもしれません。

もらえないを防ぐには

・前払い

・カード払い

・ネット決済

などの方法があります。

加えて、前述した給食費と自治会で集める固定資産税の回収率に裏付けされているものは「顔見知り」という強制力です。

よい関係を作らざるを得ない状況であることは、やはり効果があります。

まとめ

ビジネスはお金をもらうまでがビジネスです。

もらえないを防ぐには、まずはもらい方のシステムを考える必要があります。

加えて、お互いがよい関係でなければいけません。

よい関係を作るためには、いい仕事をするということが絶対条件です。

いい仕事をする

気持よくお金が払える

さらにいい仕事ができる

という流れをきちんと作っていくことが重要ですね。

 

 

◉編集後記◉

今朝は、パウダースノーに光が当たって山々が美しい。雪は怖くもあり、美しくもあります。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ