子供に腹が立つときは:自分なりに状況を変えています

BB7073C4-820E-4A2F-8B01-65BC33C8DD93子育て歴9年。子供に対していまだに「ものすごく腹が立つ」ということがあります。強く叱った後は必ず自己嫌悪。こういった工夫もしてみています。

子供に腹が立つ

子供にものすごく腹が立つ

子育て歴9年ですが、いまだにそういったことがあります。

強く叱った後は必ず自己嫌悪。

もっと良い伝え方はなかったのか。感情的になっただけではないのか。毎回反省です。

子供を叱ることは、何でこんなにもしんどいのでしょうか。

それは、子供だけでなく自分にも向き合わざるを得ないからかもしれません。

敬語を使う

子供に腹が立つとき、自分がやっていることのひとつに

敬語を使う

というのがあります。

ものすごく腹が立って感情的になりそうなときは、子供に対して仕事で使うような敬語を使います。

「〜しましょう」

「私はこう思います」

周りから見たらオネエ?みたいかもしれませんね。

でも、気持ちの切り替えをすることができます。

自分なりに状況を変える

敬語を使うというのは、それで子供に伝わりやすくなるとか、理解してもらえるとかいうことではありません。

敬語を使うことが、子供に腹が立つ自分の状況を変えるスイッチになっています。

子供に腹が立っているときは、自分も行き詰まっている状況です。

状況を変えるきっかけ作りをしてやらなければいけません。

これは、何でもいいと思います。

3回深呼吸をする。空(天井)を見上げる。青い色のものを見る。

自分なりに状況を変えるスイッチを持っていると、そのような状況になったとき、少し楽になります。

まとめ

子育ての悩みは、尽きないものです。

それは、嫌でも自分に向き合わさせられるからかもしれません。

もっともっと向き合えと、つらく長い修業をさせれられているような気さえもしてきます。

でも、いくら強く叱っても、次の日には「おはよ〜」と事務所に迎えに来てくれる。

それだけでもう全部が救われますよね。

 

 

◉編集後記◉

昨日は、友人とランチ。自転車の話で盛り上がりました。

こちらにも参加させてもらっています
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ