事業と税金:勝つか負けるかではなく引き分け続けること

B70BA477-1564-4B36-A57B-5222095EE46A

勝負ごとの世界には必ず、勝者と敗者が存在します。でも、事業と税金のことでいえば、勝つか負けるかではなく、引き分け続けることが大事だと思っています。

税金に勝つ

税金に勝つとはどういう状況なんでしょうか。

税金に勝つ=税金を払わない

ということであれば、売上以上に経費を使えば、税金に勝つことができます。

もうけなければ、税金は払わなくてもいい。

ただ、それでは事業を長く続けていくことはできません。

税金に負ける

税金に負けるとはどういう状況なんでしょうか。

税金に負ける=税金を払う

ということであれば、税金を支払っただけで、負けることになります。

何の対策もなく、出た税金を支払う。

もちろん支払うことができれば、何の問題もないのかもしれません。

ただ、事業を長く続けていくためには、こちらもあまりよい状態とはいえません。

引き分け続ける

税金とは引き分け続けることが大事だと思っています。

・税金がどのくらい必要か前もって知る

・税金の支払も含めた資金繰りをする

この2つの対策をとるだけで、税金とは引き分け続けることができます。

税金とむかい合って対決するのではなく、上手く付き合っていくということですね。

まとめ

税金に勝ちたい(払いたくない)

税金に負けたくない(同じく払いたくない)

その気持ちは、誰もが持っているものでしょう。

でも、事業を長く続けていくためには、税金とは引き分け続けることが大事です。

そのためには、日々の経理とお金の管理は欠かすことができません。

それが意識せずともできる仕組みづくりを提供すること

私が提供できる価値のひとつです。

 

 

◉編集後記◉

自転車の1ヶ月点検に行きました。そこでタイヤの空気が入っていないことが判明。乗るたびに入れていたのに…。後日記事にします。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ