ゴールを意識する:子供との生活でいっぱいいっぱいになった時

B1EEB89B-ECD5-485D-A6D9-7A62A3AEE8BD

子供のことは好き。でも子供との生活は、目の前のことでいっぱいいっぱいになってしまう。そんなときはゴールを意識しています。少しだけ気持ちが軽くなりますよ。

ゴールを意識する

18歳になった年の3月31日がゴールだとします。

子供の誕生日が今日(2016.2.28)だとすると、

10歳ならゴールまであと 2954日

5歳ならゴールまであと 4780日

3歳ならゴールまであと 5510日

1歳ならゴールまであと 6241日

ずっとは続かない

長いですか?

もし今、自分が40歳で、80歳まで生きるとするなら

80歳まであと 14610日

ゴールしてからの残りの人生のほうが確実に長いです。

ものすごく当たり前の話ですが、子供は大きくなります。

目の前にあることは、ずっとは続きません。

見えていないから怖いだけ

ゴールが見えていないから怖いだけかもしれません。

目の前のことにいっぱいいっぱいになってしまった時は、自分がどこに向かっているのか必ずあるゴールを意識するようにしています。

どんなかたちであってもいい。

必ずゴールがあると思うと、少しだけ気持ちが軽くなります。

まとめ

ゴールが見えていないから怖いだけ

人それぞれに特別な事情があり、本当に見えないということもありますので、無責任なことは言えません。

ただ、そう意識することで、目の前にいる子供と向き合うときの心の余裕ができるかもしれません。

逆にいうと、子供と過ごす楽しい時間は、残りの人生よりもずっと少ないということです。

子育ての今を楽しみましょうね。

 

 

◉編集後記◉

香川県高松市へ。電車で瀬戸大橋を渡りたいという子供たちの希望を叶えるためです。学生時代はよく乗っていましたが、久々に乗ると楽しかったです。


にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ